8位入賞を掲げて最終調整する広島

 前回2位の広島は、2年連続の入賞に全力を注ぐ。岩本真弥監督(世羅高教)は「社会人がやる気になっている。入賞圏内で渡せば何とかしてくれるでしょう」。3区円井彰彦主将(マツダ)と7区のエース鎧坂哲哉(旭化成、世羅高出)に信頼を寄せた。