2017ひろしまフラワーフェスティバルの「神楽フェスティバル」の観覧者を決める抽選会が10日、イベントに特別協賛する広島電鉄(広島市中区)の本社であった。

 定員2800人に6050人の応募があった。同社の椋田昌夫社長が抽選箱からはがきを抜き出し、当選者を決めた。応募者全員に当落を通知するはがきを今月末までに送る。

 公演は5月4日午前11時と午後3時半からの2回。いずれも広島国際会議場(同)である。広島市安佐北区のあさひが丘神楽団、広島県北広島町の山王神楽団と山王子ども神楽クラブ、安芸高田市の八千代神楽団の4団体が出演する。

 このほか、平和記念公園(広島市中区)のカーネーションステージでも、3日午後6時から廿日市市の栗栖神楽団による無料公演がある。(ラン暁雨)

抽選箱からはがきを引き、当選者を選ぶ椋田社長