著作権について

 中国新聞社の発行物、運営サイトなどに掲載している記事、写真、図画、動画は、著作権法で保護されています。そのほとんどは中国新聞社や寄稿した外部筆者などに著作権があります。【注1】
 特定の場合(私的使用のための複製、学校の授業での少部数の複製など)を除き、著作権者の許諾なしに、コピー、パソコンへの取り込み、インターネット・メール・ファクス送信などの方法で利用することは違法となります。【注2】【注3】

■無断コピーは違法です

 無断でコピーして配布するのは違法です。企業・団体での業務上の行為は、少部数でも著作権者の許諾なしに行うことはできません。

■ホームページやSNSへの無断転載は違法です

 無断でコピーやダウンロードし、ホームページ、会員制交流サイト(SNS)などに転載して大勢が見られるようにするのは違法です。

■引用は正しい方法で

 公表された著作物の引用が認められる条件は概ね次の通りです。
 目的が正当であることを前提に、最低でも以下の3点を満たすことが必要です。

  1. 自己の著作部分が「主」、引用部分が「従」になっている
  2. かぎかっこでくくるなどして引用部分を明瞭に示す
  3. 出所を明示する

【注1】中国新聞社の記事、写真などの著作権に関する見解は、日本新聞協会の「新聞著作権に関する日本新聞協会編集委員会の見解」に準じています。運営サイトに載せているコンテンツの著作権に関する見解は、日本新聞協会の「ネットワーク上の著作権について」に準じています。

【注2】学校での利用は、授業などで学級の人数分(50部程度まで)をコピーする場合は許諾申請の必要はありません。ただし、学級通信に転載▽学校ホームページに転載▽記事を利用した教材を学内のサーバーに保存―などの場合は許諾が要ります。「新聞活用に関する協定」を結んでいる場合は異なります。詳しくは中国新聞社読者広報部 電話082(236)2455へお問い合わせください。

【注3】中国新聞社は、企業・団体内での少部数の複製(20部までのコピーと、PDFなど電子ファイルの30人までの共有)に関する許諾業務(年間利用契約)を公益社団法人日本複製権センター(JRRC)に管理委託しています。


 

記事や写真を利用する場合のご案内

 中国新聞社の発行物や運営サイトなどに掲載している記事、写真などは、特定の場合を除き、無断利用できません。著作権者の許諾を得る必要があります。

■利用申請してください

 転載などをする際は、書面で利用申請してください。申請書に必要事項を記入し、利用したい記事(写真)のコピーと一緒に、電子メールまたはファクス、郵便でお送りください。利用の可否、条件などを審査の上、承諾書と請求書(著作権料等)をお送りいたします。
 審査に数日要することをご了承ください。

■申請先・お問い合わせ(受付時間は平日の午前10時から午後5時まで)

中国新聞社読者広報部

電子メール dokusha-ten@chugoku-np.co.jp
電話 082(236)2455
ファックス 082(236)2456
郵送 〒730-8677 広島市中区土橋町7番1号

■申請書

  • 記事(写真含む)または写真のみをご利用になりたい場合→Excel版はこちらPDF版はこちら
    【注】記事使用申請で、写真だけの部分利用はできません(別途、写真使用申請要)
    写真のみのウェブ利用の場合、サイズは長辺720ピクセル以下とします
  • 動画をご利用になりたい場合→Excel版はこちらPDF版はこちら
    【注】動画利用は原則として団体に限ります

■利用規約

  • 申請書に記載した目的・方法以外の利用は認めません。
  • 報道主旨を逸脱した利用はできません。
  • 記事の内容(文章や写真、図形)を変更しないでください。
  • 利用に際しては、出所を明示してください。
  • ウェブサイトへの掲載期限は1年です。継続の場合は再度申請してください。
  • 通信社の配信記事、寄稿、提供写真など当社以外が著作権等を有する記事や写真などは、申請者が権利者から許諾を得てください。利用に際し著作権者とトラブルが生じた場合、当社は一切責任を負いません。
  • 受け付け後は利用の有無に関わらず料金が発生します。