広島市安佐南区長束の神山公園で夏祭りが開催され、広島文化学園短大保育学科(安佐南区)の学生13人が盆踊りに参加した。

 盆踊りの曲目は長束発祥の「長束音頭」を含む7曲。開始のアナウンスとともに、学生は公園の中心に円をつくり、練習を重ねてきた盆踊りを音楽に合わせて踊る。初めは恥ずかしくて輪に入れなかった子どもたちも、明るい音楽と楽しそうに踊る学生を見ているうちに次々と参加していった。

 後半には、赤ちゃんを抱っこしているお母さんや多くの子どもが踊りに参加し、あちこちで笑顔が見られた。最後には打ち上げ花火が夜空を彩り、子どもたちには土産に手持ち花火が配られた。

 掛け声と太鼓演奏を担当した本学2年の水野善光さん(25)は「子どもたちと声を張り上げながら、楽しい雰囲気で踊れた」と話していた。(2年 増田七海)