広島県の湯崎英彦知事は7日、記者会見を開き、県政運営の指針となる新たな総合計画を説明した。期間は2021年度から10年。最新技術で社会課題の解決を図るデジタルトランスフォーメーション(DX)や人材育成の視点を重視する考えを強調した。