地場流通大手のイズミ(広島市東区)は28日、ケイ藻土を使うバスマット4商品に法令の基準を超えるアスベスト(石綿)が含まれている可能性があると発表した。8月7日から今月25日までに、大型商業施設ゆめタウン全店で計1243枚を売っていた。販売を中止し、自主回収している。

 無地グレーと大理石柄の2種類がある「珪(けい)藻土バスマット」で、いずれも中国製。SとLの2サイズがある。他社のケイ藻土商品に基準を超える石綿が含まれていた問題を受けた輸入元の調査で分かった。

 イズミによると、通常の使い方なら健康上の問題はないという。破損した場合に石綿が飛び散る可能性があり、速やかに使用をやめ、二重のビニール袋に入れてテープなどで閉じるよう求めている。店舗で回収と返金に応じる。別の回収方法も検討している。無料のお客さま相談室Tel(0120)664687=午前10時~午後6時。

【関連記事】

ニトリ、自主回収対象355万点 アスベスト含有商品、会長が謝罪