A型インフルエンザウイルスによる鳥の病気。高病原性に感染すると多くが死ぬ。国内では2010~11年、16~17年に流行した。人に感染することはまれとされ、国内で発症例は確認されていない。海外では市場などで感染した鳥や、その排せつ物などと濃厚接触し感染したとする報告もある。ウイルス遺伝子の変異で、人から人へ感染する新型インフルエンザとなって流行することが警戒されている。