新型コロナウイルス禍で休園していた広島市植物公園(佐伯区)が、久々に開園した。芝生広場では、いち早く春を告げるシナマンサクがリボン状の花を咲かせて来園者を待っていた。家族連れたちは、感染対策をしながら思い思いに休日を楽しんでいた。

 シナマンサクは中国を原産とする落葉樹。「まず咲く」「豊年満作」などといった縁起のいい語呂合わせもユニークだ。隣に咲くロウバイの華やかな香りに包まれてシャッターを切り続けた。園内の美しい花々も「新型コロナが収束し、見に来てほしい」と願っているに違いない。久しぶりの外出に心が満たされた。(西谷正子)