安田女子大(広島市安佐南区)造形デザイン学科の学生が「サンフレ取材班」として、J1サンフレッチェ広島のホーム公式戦で動画撮影をしている。学生の視点を取り入れながらチームを追っている。

 例年は会場の大型スクリーン用映像を制作するため、ピッチ横にカメラを置き、試合中の選手を撮影するが、昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で開幕戦1試合しか撮影できず休止。本年度の取材班6人は、昨年9月末に活動を再開した。撮影できるエリアが制限され、試合前の生中継や、クラブ公式サイトで使う映像の撮影・制作を担った。

 1年生からカメラマンとして活動した4年田口あおいさん(22)は「初めは選手を追い掛けて撮影することが難しく、撮り直しが多かったが、だんだん上達した。後輩にもカメラマンの自覚を持って活動を引き継いでいってほしい」と力を込めた。(1年 吉実沙希)