煙が上がる民家の消火活動をする消防署員(24日午前1時22分、広島県安芸太田町穴)

 24日午前0時ごろ、広島県安芸太田町穴の男性(76)方から出火、鉄骨平屋を全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。山県署によると、男性と連絡が取れていないという。妻と2人暮らしで、出火当時に家にいたのは男性1人だったという。現場は広島自動車道広島北インターチェンジ(IC)の西約6・6キロの山あいで、民家が点在している。