記者会見で広島県独自の集中対策に踏み切る考えを示す湯崎知事=県庁(撮影・山田太一)

 広島県は6日、県内で新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているとして、県民の行動制限を伴う県独自の集中対策に踏み切る方針を明らかにした。全ての県民への外出自粛や、特定エリアの飲食店を対象にした営業時間短縮などの内容を詰め、7日にも決める。感染者を早期につかむ対策として、広島市と福山市の事業所の従業員計56万人を対象に、無料、任意のPCR検査を集中実施することも発表した。