PCR検査キットなどの説明を受ける中垣さん=左(撮影・山田太一)

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込もうと、広島県は23日、中四国地方最大の歓楽街である広島市中区の流川・薬研堀地区の全飲食店約2500店を対象に、PCR検査キットの無料配布を始めた。店側は検体となる従業員たちの唾液を採取。5月9日までにまとめて地区内のPCRセンター(中央新天地集会所)などに提出する。