PCR検査の集中実施を発表する広島県の湯崎英彦知事

 広島県は9日、この春の就職や転勤、進学で広島市内に暮らし始めた人たちを対象に、新型コロナウイルスの無料のPCR検査を集中実施すると発表した。12~25日の14日間、大学構内など市内19カ所に特設会場を開き、検査キットを配って回収する。事業費は1億5500万円で、約2万人の受検を見込んでいる。