足場の撤去が始まった原爆ドーム。原爆慰霊碑からも色を塗り直した頂上の鉄骨が見えるようになった=16日午後1時48分(撮影・高橋洋史)

 世界遺産の原爆ドーム(広島市中区)を覆っていた足場の撤去が始まった。市が昨年9月から進めてきた5回目の保存工事がほぼ終わったため。高い場所から順次取り外されており、被爆当時に近いとされる焦げ茶色に塗り直されたドーム頂上の鋼材が姿を現した。