JR芸備線の区間がある庄原市の木山耕三市長は22日、JR西日本の長谷川一明社長が低収益のローカル線について廃止も含めた今後の在り方の見直しに言及したことに関連し「沿線自治体でつくる協議会と連携し、路線存続を働き掛けていきたい」と述べた。