広島市役所

 広島県で8日、新たに10人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市の7人と呉市、竹原市、府中町の各1人。また広島市は、県内の医療機関に入院していた1人が7日に死亡したと発表した。県内の死者は計96人となった。

 広島市の7人には、県西部建設事務所(南区)の50代の職員と、佐伯区の市立小の10代の児童が含まれる。1日にクラスター(感染者集団)発生を公表した高齢者施設の20代の職員1人の感染も判明し、一連の感染者は計13人となった。

 福山市では感染者の発表がなく、昨年11月25日以来のゼロだった。

 福山市では感染者の発表がなく、昨年11月25日以来のゼロだった。

【関連記事】

福山市の感染者ゼロは74日ぶり

福山の接待伴う飲食店などでクラスター2件 広島県11人感染 7日新型コロナ

福山の接待伴う飲食店の利用者、PCR対象に追加 8日から集中期間

広島知事、ステージ1目標を主張 全国知事会、「国全体で抑制を」

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル