14日午前9時20分ごろ、広島県安芸太田町松原で除雪作業をしていた男性が事故に遭ったと119番があった。広島市消防局や山県署などによると、小型除雪機で自宅周辺の雪かきをしていた80代男性が、除雪機の下敷きになっていたという。男性は体を圧迫され、搬送先の病院で死亡が確認された。現場は同町役場の北約10キロで、山あいに民家が点在する。一帯には約60センチの積雪があった。