運動部デスク日誌

記事一覧

  • 二年目のジンクス (2020/7/10) 

     新人の森下に、復活した堂林…。フレッシュな話題が続くカープだが、何か、足りない気がすると思うのは私だけではなかろう。本来、1軍にいるだろうと思われていた選手がいない。そう、2年目の小園だ。  ルーキ…

  • 守護神 (2020/7/9) 

     守護神とは、つくづく損な役回りである。重圧に打ち勝ち、結果を出しても、「抑えて当たり前」。逆に打たれたら、「戦犯」としてスポットを浴びてしまう。メンタルが相当強くないと、できる仕事ではない。現場に…

  • 訃報 (2020/7/8) 

     6日夜、訃報が飛び込んできた。1990年代前半に先発、中継ぎでチームを支えた元広島東洋カープ投手の望月一さんが同日、虚血性心疾患のため亡くなった。52歳だった。無口でおとなしく、決して目立つ存在では…

  • 誇り (2020/7/6) 

     最近、年がいもなく、はまっていたものがある。日本の大手レコード会社と、韓国の大手芸能事務所が合同でガールズグループを誕生させようと、日本でのオーディションから最終選考までを追ったドキュメント番組で…

  • 632 (2020/7/5) 

     サッカーJ1が再開した4日、偉大な記録がリーグの歴史に刻まれた。G大阪の遠藤がC大阪とのダービーマッチに先発し、632試合出場でJ1歴代最多記録を更新した。1998年3月21日の初出場から23年目、40…

  • ターンオーバー (2020/7/4) 

     「ターンオーバー制」をうまく使いこなすチームがリーグを制する―。そんな予感がしている。4日にサッカーJ1が再開するが、夏場にいきなり過酷な過密日程が待ち受ける。それだけに戦力を最大限活用し、この夏を…

  • この道 (2020/7/3) 

     この道はいつか来た道、ああ、そうだよ。あかしやの花が咲いてる〜。  こんな書き出しの球炎をかつて何度か書いたが、運動部デスク日誌でこの歌を引用することになるとは思わなかった。この道とは2019年に…

  • 将来の中軸 (2020/7/2) 

     広島東洋カープがまずまずのスタートダッシュを切った。新人森下や新戦力ピレラ、再ブレークの堂林とヒーローが日替わりで誕生している。そんな中、由宇でアピールしている2軍に目を向けてみた。  1日のウ…

  • 底力 (2020/7/1) 

     プロ野球は開幕して1週間が過ぎ、Jリーグ1部も4日に再開予定。アマチュアも大会開催の動きが見え始め、少しずつではあるが、われわれの生活の中にスポーツが戻りつつある。だから、思ってしまうのかもしれな…

  • 注目 (2020/6/29) 

     最近、悪い意味で「広島」に注目が集まっている。昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、地元選出の国会議員が逮捕され、首長や地方議員が現金を渡された、と次々と認めている。広島県民として、残…