運動部デスク日誌

記事一覧

  • カープ芸人 (2020/6/25) 

     19日に約3カ月遅れで開幕したプロ野球。選手、ファンと同じように「カープ芸人」も、もちろんこの日を待ち望んでいた。大竹市出身のゴッホ向井ブルーさんもその一人。現在、ケーブルテレビ(CATV)の新番…

  • ロード (2020/6/24) 

     何でもないような事が 幸せだったと思う。何でもない夜のこと〜。  2週間の長期ロード中だから言うわけではないが、THE虎舞竜のこの曲は、現在のカープ担当記者の偽らざる心情であろう。新型コロナウイル…

  • 新語 (2020/6/22) 

     新型コロナウイルス感染拡大の過程で多くの新語がメディアに登場したが、この言葉にはぴんとこない人も多いのではないか。サッカーJリーグやバスケットボール男子Bリーグなどが加盟する日本トップリーグ連携機…

  • 球炎 (2020/6/21) 

     カープの試合が終盤に差し掛かると、デスク席は一気に慌ただしくなる。記事のラインアップを決め、出稿メモもつくり、掲載写真を決めて…。忙しい工程の中で、いつも頭のどこかであることを考えている。「今夜は何…

  • 予想 (2020/6/20) 

     ようやくプロ野球が開幕。ということで、「運動部デスク日誌」も本日からシーズンが終わる11月まで、火曜日を除いて毎日の掲載となります。ご愛読いただけると幸いです。  さて、カープは快勝発進。その模様は…

  • 先陣 (2020/6/18) 

     新型コロナウイルスの影響で約3カ月開幕が遅れたプロ野球が、19日にいよいよ始まる。感染拡大後、中断、延期となっていた国内スポーツで、先陣を切ることになる。  18日付中国新聞朝刊スポーツ面のカ…

  • 感謝 (2020/6/12) 

     遠い昔の高校時代、バスケットボールに明け暮れていた。最後の大会は広島県高校総体。現在はないが、県大会に進めなかったチームで争う「2部」で優勝し、一応、有終の美を飾ることができた。高校スポーツの取…

  • 1998年6月5日 (2020/6/3) 

     (1日の続き)  大野さんの衝撃の告白を聞いた私は、後輩のスポーツ紙記者と次の新幹線に飛び乗り、広島へ向かった。「大野、引退決意」。特ダネの見出しが頭の中をぐるぐると回っていた。「病院、行きますよ…

  • 1998年6月5日 (2020/6/1) 

     「カープあの日あの時」の連載に乗っかり、先日、「私のあの日あの時」として、山本浩二監督が辞意を表明した1993年9月16日を取り上げた。この時期になると思い出す一日がもう一つある。98年6月5日の出来…

  • 一喜一憂 (2020/5/31) 

     自分の経験上、スポーツ記者は勝敗、スーパープレーにも喜怒哀楽を表に出さず、淡々と戦況を見守る人が大半だ。たまにファンと同じように一喜一憂する記者にお目にかかることも。  自分も前者だった。もち…