運動部デスク日誌

記事一覧

  • 「身近なアスリート」 (2019/3/21) 

     中学、高校の陸上部などで長距離種目に励む女子ランナーにとって、大きな刺激になるに違いない。大創産業(東広島市)が20日、4月に創部する「ダイソー女子駅伝部」のスタッフ、メンバーをお披露目した。  …

  • 「歴史」 (2019/3/20) 

     最も長く取材に携わったのはプロ野球。ただ、一番いい思いをさせてもらったのは、高校駅伝だったと胸を張っていえる。毎年12月に京都である全国高校駅伝。2009年をスタートに計5回取材し、世羅の男子4回、…

  • 「思い」 (2019/3/18) 

     16日にマツダスタジアムであった新井貴浩さんの引退セレモニー。仕事の関係で深夜にテレビで見た。一度は「裏切り者」と呼ばれた男に、こんな幸せなラストが待っていようとは。阪神時代を知る人はもちろん、本人…

  • 「全力少年」 (2019/3/17) 

     「全力で少年だった」―。登場曲に使用する、スキマスイッチの「全力少年」がこれほど似合う40代もいないだろう。広島東洋カープの新井貴浩さんが20年のプロ野球人生に終止符を打ち、16日にマツダスタジアムで引退…

  • 「広島祭り」 (2019/3/16) 

     3月23日は「広島祭り」である。15日にあった選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会。呉が開幕試合を、広陵の秋山功太郎主将が選手宣誓を引き当てた。また開会式では、三津田の赤瀬智咲さんが司会を務めることが決…

  • 「スカウト」 (2019/3/15) 

     14日のオリックスとのオープン戦。先発した3年目左腕床田が5回2失点。抜群の安定感で開幕ローテーション入りをほぼ確定させており、今季の飛躍に大きな期待を寄せるファンも多いだろう。  中部学院大出身…

  • 「親心」 (2019/3/14) 

     プロ野球に関わる記者の楽しみの一つに、ドラフト会議がある。選手の行き先が決まる瞬間に立ち会うことができるわくわく感。さらにプロでの活躍など、成長ぶりを長いスパンで見守ることができる。いつの間にか親…

  • 「HONDA」 (2019/3/13) 

     12日にエディオンスタジアム広島を訪れた人には、この上ない夜になったかもしれない。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ。サンフレッチェ広島が2―1で元日本代表の本田圭祐を擁するメルボルン・…

  • 「MGC」 (2019/3/11) 

     2020年東京五輪マラソン選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)への最後の国内予選となる、男子のびわ湖毎日マラソンと、女子の名古屋ウィメンズマラソンが10日にあった。ここまで男子30人、女子14…

  • 「球春」 (2019/3/10) 

     関東地方では9日、春一番が吹いたというが、私の春は運動部にかかった一本の電話で始まった。「私ですが…」。プロ野球シーズン中に、毎晩のように聞いた声。昨年から本欄をお読みの方なら、もうお分かりだろう。…