運動部デスク日誌

記事一覧

  • 連投 (2019/5/6) 

     平成、令和とまたぐ12連戦中の広島東洋カープ。9戦を終え、4勝4敗1分けといまのとこ五分の星だ。6日から連戦最後のカードとなる中日3連戦(ナゴヤドーム)に臨む。  接戦続きで粘り強く戦っているが…

  • 言葉 (2019/5/5) 

     スポーツ記事にとって、監督の言葉は大事な材料である。プロ野球の場合、試合後に会見や取材が行われるのが通例。カープの緒方監督とのやりとりは、「緒方語録」としてお届けしている通りだ。とはいえ、ひどい負…

  • 3番最強説 (2019/5/3) 

     小学生の時、ソフトボールをやっていた。打順は3番。チームメートの多くは4番に憧れていたが、一回に打順が回ってくるし、3番が大好きだった。  3日付スポーツ面の「球炎」で、「魅力感じる『3番鈴木』…

  • ビデオ判定 (2019/5/3) 

     すっきりしないファンも多いのではなかろうか。3日にエディオンスタジアム広島であったJ1の広島―横浜M戦だ。  0―1の試合終了間際。広島の川辺が放ったヘディングシュートが、ゴールラインを割ったかに…

  • 「令和最初の」 (2019/5/2) 

     改元という歴史的な行事に沸いた1日。スポーツ界でも、あちらこちらで「令和最初の」という枕ことばが躍った。特に6試合があったプロ野球では安打や本塁打、盗塁、三振、勝利投手など記念すべき新時代の「第…

  • 「感謝」 (2019/4/30) 

     遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています―。  FMの深夜番組、「JET STREAM」のナレーションが始まる…

  • 「真っ向勝負を」 (2019/4/29) 

     楽しみにしていただけに、落胆も大きかった。J1広島が挑んだ名古屋との上位決戦。0―1で敗れたのは仕方ないにせよ、前半の腰の引けた戦いぶりが残念で仕方ない。  広島OBの風間監督の下で何年もパスサッ…

  • 「危機意識」 (2019/4/28) 

     「家貧しくして孝子あらわる」である。3連覇を支えた岡田や薮田が1軍を外れる中、3年目の左腕床田が先発陣を支えている。今夜もヤクルトを相手に堂々のマウンドさばきで4勝目。8連勝で5割復帰という離れ業…

  • 「12連戦」 (2019/4/27) 

     27日から世の中は10連休。しかし、この時期はスポーツの試合、大会がめじろ押し。私も含め、運動部員は交代で休みを取りながら、取材と紙面づくりに励む。  われわれ以上に、大型連休とは無縁の日々を過ごす…

  • 「褒めて育てる」 (2019/4/26) 

     女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さん、高橋尚子さんらを育てた名伯楽、小出義雄さんが24日に亡くなった。  小出さんといえば、選手の長所を伸ばし、褒めて褒めて育てる指導方針で知られる。まだスパル…