運動部デスク日誌

記事一覧

  • 一喜一憂 (2020/5/31) 

     自分の経験上、スポーツ記者は勝敗、スーパープレーにも喜怒哀楽を表に出さず、淡々と戦況を見守る人が大半だ。たまにファンと同じように一喜一憂する記者にお目にかかることも。  自分も前者だった。もち…

  • 出口 (2020/5/24) 

     毎日、ランニングする多くの高校生アスリートとすれ違う。休校中で部活動も中止の中、出口が見えず、いつになるか分からない練習や試合の再開日に備え、体力を維持する目的だろう。頭が下がる思いで見届けてい…

  • 空気 (2020/5/22) 

     「部活動をするのは、教育上悪いことなのでしょうか」。取材の中で、保護者からそんな相談を受けたことがあった。その中学校では「スポーツはストレスをためる」と、校長が部活縮小を提案しているのだという。こ…

  • 1993年9月16日 (2020/5/16) 

    (13日からの続き)  ウエスタンリーグの阪神戦が終わり、1軍選手が甲子園球場の三塁側ベンチに入ってきた。どんな雰囲気だったかは、正直記憶にない。だが、明らかにいつもと違う点があったことは覚えている。…

  • 1993年9月16日 (2020/5/13) 

     毎週日曜日の朝刊に好評連載中の「カープ70周年 あの日あの時」。私も長い番記者人生の中で、いくつかの「あの日あの時」を持っている。ということで、今回は1993年9月16日を紹介する。  関西地方は残…

  • 実戦 (2020/5/12) 

     新型コロナウイルスの影響で休校、休部となり、中高生アスリートは外出を自粛し、自宅でウエートトレーニングなどを続けているという。「試合がしたい」という気持ちを抑え、黙々と鍛えて活動再開の日に備えてい…

  • 決断 (2020/5/8) 

     球音が日本列島から消えて、どれほどの時間が過ぎただろうか。3月に選抜高校野球が中止となり、プロ野球は開幕が延期に。大学野球の春季リーグ戦も軒並み開幕できず、そうこうするうちに、夏の高校野球を危ぶむ…

  • ピリオド (2020/5/1) 

     「スポーツのない春」は、「スポーツのない夏」の始まりだった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今夏の全国高校総体(インターハイ)、全国中学校体育大会の中止が相次いで決定。学校の休校延長の流れで…

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >