運動部デスク日誌

記事一覧

  • 巨人Vに、あらためて思うこと (2020/10/31) 

     久しぶりに、ドキドキしながら野球を見た。延長戦にもつれ込んだ巨人―ヤクルトと、DeNA―阪神。決まるのか、持ち越しか。巨人優勝の条件に目をやりながら、一球一打に声を上げている自分がいた。  振り返れ…

  • 広島のスポーツファンは幸せです (2020/10/30) 

     10月28日はある意味、広島にとって歴史的な一日となった。カープ、サンフレッチェ、ドラゴンフライズ。広島のプロ3チームが、今季初めて同日にホームゲームを開催した。しかも全てナイトゲーム。中国新聞の…

  • 「縁」 (2020/10/29) 

     何かの縁を感じる。26日にあったプロ野球のドラフト会議で、広島はトヨタ自動車の右腕栗林良吏の単独指名に成功した。  2年前の名城大時代、栗林はドラフト候補に挙がっていた。ただし、2位までにどの球団…

  • いまそこにある危機 (2020/10/28) 

     存亡の機にあると言っても大げさではない。Jリーグの村井チェアマンは「地域におけるわれわれの存在意義を失う」とまで言い切った。それほどまでに、この1カ月あまりに相次いだJリーガーの不祥事は衝撃的であ…

  • 「緑」のチームが好調です! (2020/10/26) 

     「赤」「紫」「朱色」「緑」。スポーツ通なら、ぴんとくるでしょう。カープ、サンフレッチェ、ドラゴンフライズなど、広島のスポーツチームのチームカラーだ。今季は「緑」が絶好調。そう、バレーボールVリーグ…

  • スポーツの秋、スポーツの広島 (2020/10/25) 

     新型コロナウイルスの影響で忘れかけていたが、スポーツの秋である。今朝の朝刊を開いていただけば、実感してもらえることだろう。プロ野球、サッカーJリーグ、バスケットボールBリーグ、高校野球秋季中国大会…

  • やる気にさせる魔法の言葉 (2020/10/24) 

     まるで「野戦病院」と言ったら言い過ぎだろうか。22日、アドゥワ、宇草の手術が広島球団から発表された。大瀬良、中崎、野村を含め、この1カ月弱で5人がメスを入れたことになる。宇草は試合中のアクシデントと…

  • 夢のアイデア募集中 (2020/10/23) 

     果たしてどんなアイデアが集まるのか、今から楽しみである。一方で、ちゃんと手を挙げるとこがあるのか、少しだけ心配な思いも。広島市が22日、新サッカースタジアムの設計と施工を担う事業者の募集を始めた。公…

  • 展望記事 (2020/10/22) 

     まだ若手記者だった二十数年前、ボサボサ頭がトレードマークだった先輩が、いきなり頭を丸めて出社してきた。部内は騒然とした。先輩は当時アマチュア野球担当。事前の展望記事で優勝チームを外したのが理由だと…

  • 本塁打王争い、ラストスパート (2020/10/21) 

     長い低迷期に担当していたから言うわけではないが、消化試合の楽しみ方はいろいろとある。来季に向けて起用された若ゴイたちの頑張りがそう。もう一つある。タイトル争いだ。今のカープで言えば、大山(阪神)ま…