運動部デスク日誌

記事一覧

  • デビュー (2021/4/30) 

     昨年行われた日韓の事務所の合同オーディションを勝ち抜き、メジャーデビューしたアイドルグループ「NiziU」(ニジュー)が、大ブームを巻き起こしている。29日、広島東洋カープの「ニジュー(20)」歳…

  • あした天気になあれ (2021/4/29) 

     あした天気になあれ―。遠足を楽しみに待つ小学生のような心境で、雨空を見つめている。29日は、織田幹雄記念国際陸上競技大会が2年ぶりに開催される。男子100メートルには、3大会連続の五輪代表を目指す山縣…

  • 数字では計れない夢と価値 (2021/4/28) 

     米大リーグの伝説の男もまさか100年の時を経て、自らの偉業をなぞる選手が出てくるとは思わなかっただろう。しかも日本人の若者によって。エンゼルスの大谷がレンジャーズ戦に「2番・投手」で先発。本塁打で…

  • 糸の切れたたこ (2021/4/26) 

     「糸の切れたたこ」という表現がぴったりくるかもしれない。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の広島ドラゴンフライズがまた負けた。西地区中位の滋賀にあっさりと連敗し、今季44敗目。チームは何を目指…

  • 我慢の限界が先か、得点量産が先か (2021/4/25) 

     そろそろ見極める時ではないだろうか。サンフレッチェ広島のジュニオールサントスの先発起用である。24日は福岡に1―2で惜敗。リスク覚悟の攻撃サッカーを掲げながら、4試合連続で1得点以下と消化不良の試合が…

  • サンフレ29周年 (2021/4/24) 

     4月24日、J1サンフレッチェ広島が創立29周年を迎えた。3度のリーグ制覇に、2度のJ2降格など、歓喜も悪夢も味わってきた。いまでは、広島になくてはならないクラブに定着した。  長い歴史の中で、印…

  • 欧州サッカー界の行方 (2021/4/23) 

     世界に名だたる12のビッグクラブの野望は、あっけなく終わりを迎えそうである。2日前の当欄で取り上げた、欧州サッカー界を揺るがす「スーパーリーグ(ESL)」創設。あまりの反発の大きさにひるんだクラブが…

  • 「田中広輔」という戦力をどう考えるか (2021/4/22) 

     「田中広輔を使い続けるべきか、それとも外すべきか」。広島東洋カープがこの難題に向き合うのも、今年で3年連続3度目となる。一昨年は、打率2割前後でも使い続け、8月に右膝の手術で抹消。昨年も打撃不振に…

  • 政治家も巻き込む大混乱 (2021/4/21) 

     欧州サッカー界が揺れている。発端は一部のビッグクラブが新リーグの新設を発表したこと。欧州各国リーグの上位チームが争い、世界的な人気を誇るチャンピオンズリーグ(CL)に代わる「スーパーリーグ」である…

  • 救世主となるか (2021/4/19) 

     「クロンがすごいホームラン打ったで。こりゃ1軍近そうじゃ」。16日、ウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)に取材に行ったベテラン記者から報告を受けた。コンディション不良で登録を抹消され、バックスクリ…