趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)
中国新聞SELECT(セレクト)の釣りコーナー(毎週土曜日)がさらに充実しました。週替わりの釣りコラムとみなさんの釣果を掲載します。
コラム「釣りのススメ」
私の釣果(みなさんの釣果を写真付きでお寄せください)

記事一覧

  • シリヤケイカ 波止で満潮の明け方に (2018/5/5) 

     桜が散った頃から、広島湾では「シリヤケ」と呼ばれるコウイカの仲間が釣れ始める。船からは3月から7月頃まで狙える。姿はコウイカそっくりで、胴の先端からオレンジ色の粘液を出すのが特徴だ。最大で約700…

  • キスのシーズン 投げ釣り入門者に最適 (2018/4/28) 

     いよいよ、投げ釣り党にとっての「永遠の恋人」、キスのシーズンインだ。  30年ほど前、かかりつけの医院で「鹿児島の甑島にキス釣りに行く」と話したら、「甑島まで行くなら、もっと大きな魚を釣れば」と…

  • 乗っ込みチヌ 風向きや潮流、状況把握 (2018/4/21) 

     桜の時季が過ぎて、寒さで激シブだった瀬戸内のチヌが上向いてきた。いよいよ、産卵に向けた乗っ込みの始まりだ。私がホームグラウンドとして通い続けている「倉橋マリンパーク」のいかだでは2桁の釣果も出て、…

  • 渓流ルアー開幕 初心者は川幅広い場所で (2018/4/14) 

     桜の花が散り、すっかり春を迎えた4月後半、ルアーでの渓流釣りが本番を迎える。水温が上昇し、渓流魚たちが弱った小魚を襲うようになり、ルアーへの反応がよくなるからだ。  渓流釣りデビューの人には「渓…

  • 春のアオリイカ 水温15度、大物が姿現す (2018/4/7) 

     まもなく、大物アオリイカ釣りのシーズンが到来する。この時季、釣り人が狙うのは繁殖のため回遊してきた親イカだ。アオリイカの寿命は1年足らずで、春の繁殖シーズンが終わると一生を終える。雄が雌より大型に…

  • カブラでメバル 仕掛け、群れの手前から (2018/3/31) 

     彼岸を過ぎる頃から、昼間にメバルがよく釣れる。この時季は満潮前後、海藻付近に群れる習性があり、際を攻めれば高い確率で釣れる。仕掛けは「カブラ」と呼ばれる和製ルアーを使う。漁師たちが昔から、カツオや…

  • 花見ガレイ攻略法 時間・餌・距離チェック (2018/3/24) 

     サクラの開花だよりが届いた。この季節がくると、釣り人の間で「花見ガレイ」と呼ばれ親しまれているマコガレイの食いが活発になる。  産卵後に餌を食って体力を回復し、ぽってりと厚みを増した花見ガレイは…

  • サビキ使い日中に狙う 尺メバル (2018/3/17) 

     例年、2月を過ぎると、「春告魚」と呼ばれるメバル釣りが瀬戸内海で本格化する。昼、夜ともに狙え、餌、カブラ、サビキ、ワームなどいろんな釣り方で釣り人を楽しませてくれるターゲットだ。  この時季、小…

  • 冬から春のメバル メタルジグで良型狙い (2018/3/10) 

     今年の寒さはアングラーにとって過酷で、例年ならメバル狙いの人たちでにぎわう夜の漁港が閑散としている。それでも冬から春が最盛期のメバルを釣りたい―。そんな意気込みのある人は、身近な場所で日中にできる「…

  • ワームでの誘い方 小刻みなアクション鍵 (2018/3/3) 

     一昔前は、アジやメバル狙いと言えば、のべざおの餌釣りが主流だったが、近年、疑似餌のワームでアジやメバルを釣る人が増えている。「アジング」「メバリング」という造語ができるほど人気だ。ではなぜ、無味無…