趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)
中国新聞SELECT(セレクト)の釣りコーナー(毎週土曜日)がさらに充実しました。週替わりの釣りコラムとみなさんの釣果を掲載します。
コラム「釣りのススメ」
私の釣果(みなさんの釣果を写真付きでお寄せください)

記事一覧

  • 春ギス 狙いは水温上がる浅場 (2016/4/16) 

     「八十八夜を過ぎるとキスが陸(おか)を向く」と昔からいわれている。立春から88日目を過ぎると、待ちわびたキス釣りシーズンが訪れるという意味だ。ことしは5月1日に当たる。  ただ現実的には、まだこ…

  • 渓流の季節 まず生息域や習性学ぶ (2016/4/9) 

     広島は瀬戸内海の豊富な魚種に恵まれた土地柄だけに、海の幸ばかりが注目されがちだ。だが、目線を山のほうに向けてみると、いくつもの1級河川が流れており、淡水魚も豊富なエリアなのである。  冬の間、静…

  • のっこみチヌ 回遊ルート近辺を狙う (2016/4/2) 

     春が近づくと、チヌ釣り師の間で「のっこみ」という言葉が聞かれる。もともとは、深場で越冬したフナが産卵のため浅瀬に移動することを指す。チヌは日照時間が長くなるのを感じ、産卵に備えて深場から浅場へ移動…

  • スズキの探り方 海底から水面、引き巻く (2016/3/26) 

     スズキ釣りでは、軽いジグヘッドで水面を狙ってもアタリすらない時、海底までワームを沈めて巻くと連発することがある。活性の高いスズキは水面をボイルしているが、それはスルメイカなどが回遊してきた時だけ。…

  • 花見ガレイ 餌の豊富な場所、狙い目 (2016/3/19) 

     「花見ガレイは皿まで舐(な)めろ」という言葉がある。年末年始に産卵を済ませた瀬戸内のカレイは、しばらくは身がすかすか、べちゃべちゃでいただけたものではなかったが、春までにはしっかりと餌を食べ、厚み…

  • エリアフィッシング 餌使わず魚と知恵比べ (2016/3/12) 

     「エリアフィッシング」をご存じだろうか。川や湖を利用し、養殖マスなどを有料で釣ることができる管理釣り場だ。「釣り堀」と言ったほうが一般的だが、釣り堀と大きく違うのは餌釣りを禁止しているところだろう…

  • メバルの生態 繁殖後の春、夜が狙い目 (2016/3/5) 

     瀬戸内海で今、食べてよし! 釣ってよし! の魚といえばメバルだろう。冬に繁殖のため接岸し、漁獲量が増える。「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれるように、春にかけてよく釣れる。春は繁殖のため消費した…

  • スズキのルアー 色・大きさ、イカに合わせ (2016/2/27) 

     私は海釣りを始めて、メバル、クロダイ、グレと追い求めてきた。引きの強さからあこがれていたスズキを狙い始めたのは約25年前のことだ。  当初は手当たり次第にルアーを買い、海に通った。だが、1年に1…

  • 冬のアイナメ 仕掛け軽めで藻の上狙う (2016/2/20) 

     カレイとともに冬の投げ釣りの代表的なターゲットとなるアイナメ。以前はカレイより釣りやすかった。1〜2月に徳山湾の島々に行くと、クーラーに入りきらないほど釣れたこともたびたびあった。  周防大島で…

  • プラグで楽しむメバル 巻いては止め、繰り返す (2016/2/13) 

     前回まで、メバリングの定番であるワームを使った釣り方を3回に分けて紹介してきた。今回はプラグでのメバリングについて解説したい。  プラグって何? と思われる方もいるだろうが、難しく考えないでほし…