趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)
中国新聞SELECT(セレクト)の釣りコーナー(毎週土曜日)がさらに充実しました。週替わりの釣りコラムとみなさんの釣果を掲載します。
コラム「釣りのススメ」
私の釣果(みなさんの釣果を写真付きでお寄せください)

記事一覧

  • 秋メバルの季節 砂泥の海底スレスレ狙う (2015/10/3) 

     海釣りで人気の高いメバルが好調に釣れ始め、シーズン開幕だ。9月13日の夜釣りでは、開始から3時間入れ食いを楽しめた。私が約70匹、同行者は60匹余りを釣り上げた。この調子なら、ことしはメバルが豊漁…

  • 秋のハゼ 遠投不要、川岸で満潮時に (2015/9/26) 

     「釣りはハゼに始まりハゼに終わる」といわれている。何を隠そう、私も関西から広島にUターンして初めての投げ釣りは、猿猴川河口でのハゼ釣りだった。  広島のように河川が流れ込む各地の流域では、秋から…

  • 秋のカマス 堤防の浅瀬をジグで誘う (2015/9/19) 

     最初に自己紹介したように、私は見える魚を釣るのが大好きだ。季節は秋となり、海水温が安定してくることで、さまざまな魚が私たちアングラーを楽しませてくれるシーズンの到来とも言える。この時季は「見える魚…

  • アユの攻撃性 おとりを水平に操作、誘導 (2015/9/12) 

     日本の河川で放流されているアユには海と川を往来する海産と、琵琶湖とその流入河川で一生を過ごす琵琶湖産がいる。琵琶湖産は小型だが、気性が荒く縄張りを持ちやすい。縄張りに侵入してきたアユへの攻撃性も高…

  • 五目釣り 砂舞い上げ食い気を誘う (2015/9/5) 

     台風が過ぎるたび、海の水温は低下する。6月ごろと10月ごろが23度前後で、最も魚種が多い。この時期の船釣りは、青虫を餌にした胴突き仕掛けでの五目釣りがお薦め。簡単で、仕掛けを着底させると毎回アタリ…

  • 落ちギス ゆっくり引いて連掛け狙う (2015/8/29) 

     夏の間、貪欲に餌を食っているシロギスは、水温の低下とともに深場に移動する準備を始める。来る冬に備え、栄養を蓄えるためにさらにガツガツと食い盛る。深場に落ちる前の状態を「落ちギス」と呼ぶ。私はかねて…

  • 旬のケンサキイカ 繊細なアタリ、よみが決め手 (2015/8/22) 

     私にとっての釣りとは、仕事である以上に趣味であり遊び。楽しんで釣りをするため釣り具、釣り方、リグ(仕掛け)など、重視しているこだわりはたくさんある。釣り魚の季節感も大切にしている。  私の夏の楽…

  • アユの追い星 鮮やかな黄、縄張り相手挑発 (2015/8/15) 

     夏の風物詩といえば清流でのアユの友釣り。餌場に縄張りを持つアユの習性を利用し、おとりを川へ送り込んで野アユを挑発して針に掛ける。日本が発祥で、カーボンロッドなど釣り具の発展に大きく貢献した。  …

  • 護岸すれすれで知恵比べ クロダイの落とし込み (2015/8/8) 

     クロダイ(チヌ)を2月と8月に食した人は「うまい、これがクロダイか」と感心するはずだ。瀬戸内海に面した広島は海産物の宝庫。旬の魚を求めれば、ごちそうに出合える。7月中旬から9月ごろまでのクロダイは…

  • 憧れのテッポウギス 強い警戒心、夏の夜が狙い目 (2015/8/1) 

     子どものころ、「テッポウギス」という響きに憧れた。片手で握りきれないほど大きなキスを指す。かつては瀬戸内西部で釣れるのは24、25センチ程度。最近は「尺ギス」「ヒジタタキ」と呼ばれる30センチ級も…