趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)
中国新聞SELECT(セレクト)の釣りコーナー(毎週土曜日)がさらに充実しました。週替わりの釣りコラムとみなさんの釣果を掲載します。
コラム「釣りのススメ」
私の釣果(みなさんの釣果を写真付きでお寄せください)

記事一覧

  • 激流攻略 流れの筋見極め、まき餌 (2020/2/22) 

     右に左に手前に沖にと、めまぐるしく変わる激流に遭遇すると「よう釣らん」と尻込みしてしまう仲間も多い。しかも、流れは人が速歩きするほどのスピードで、渦巻く潮に仕掛けを乗せて釣るのだから、なかなかに厄…

  • 豊田湖のワカサギ初挑戦 5時間で63匹 (2020/2/15) 

     ワカサギ釣りというと、雪が積もった極寒の湖で氷に穴を開けて狙うイメージだが、中国地方では下関市の豊田湖で手軽にできる。今回は桟橋から挑戦した。貸しボートもある。この魚は日本各地の湖に生息し、「公魚…

  • 危険学ぶグレ 刺し餌の流し方に工夫を (2020/2/8) 

     磯から狙うフカセ釣りのターゲットの代表格といえばグレ。強烈な引きを求めて四国や九州に遠征する釣り人も多い。グレ釣りの棚(深さ)は浅く、2〜3ヒロ(3〜5メートル)が標準だ。普段は根に潜んでいる魚だ…

  • 産卵明けのスズキ 常夜灯の周辺が狙い目 (2020/2/1) 

     2月の極寒の夜、広島の海では産卵を終えた大きなスズキが餌を待ち構えている。不思議なことに、この時季の深夜は風が収まり、無風状態の釣りやすい条件がそろう。ベイトの小イカが回遊してくるので、常夜灯周辺…

  • 冬ギス 緩やかな潮流の港内で (2020/1/25) 

     魚には旬があるといわれる。キスの場合、釣れ盛る夏場の淡泊な味が旬とされるが、脂が乗った冬も捨てがたい。  水温や餌など条件が整えば、キスはひと夏に何度も産卵を繰り返すので、夏場は味が淡泊になり、…

  • 極寒期のチヌのまき餌 重く濁りの出るものを (2020/1/18) 

     これからの季節、ますます寒さが増してきます。今後の積雪次第ですが、雪解け水が山から流れ出て海水温が最も下がる2、3月は、チヌ釣りが難しくなる時季です。極寒期は体力温存のためじっとしているようで、確…

  • 怒和島のメバル 激流育ち、パワー別格 (2020/1/11) 

     水温が高いせいか、1カ月ほど遅れ気味だった日中のメバル釣りが、昨年末から徐々に良くなってきた。産卵期を経て、3月ごろから各地で好釣果が聞かれそうだ。海域によっては30センチ級の良型を望め、ファン待…

  • ニュージーランドでタイラバ 良型夢見てはるばる遠征 (2019/12/21) 

     タイラバは、日本で発祥し普及してきたマダイの釣法だ。その新製品を引っ提げて11月中旬、メーカーの販売促進用の動画とスチール撮影でニュージーランドへ釣行した。  なぜ、わざわざ南半球の島国へ? そ…

  • まき餌に群がる魚の強弱 チヌも怖がるコブダイ (2019/12/14) 

     フカセやダンゴ釣りは集魚効果が高い半面、厄介な餌取りの魚に悩まされる。ところが、それらが急にいなくなると不思議に刺し餌が残り、本命のチヌが釣れ始めることがある。大物が寄って、餌取りが恐れていなくな…

  • 冬のコウイカ 砂底でストップ&ゴー (2019/12/7) 

     私はこの時季、船からタチウオを追っている。その合間、実は楽しみにしている冬のターゲットがある。コウイカだ。タチウオが食わない時間帯、お土産に必ず狙う。ポイントになるのは砂地の場所だ。  船の場合…