趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)
中国新聞SELECT(セレクト)の釣りコーナー(毎週土曜日)がさらに充実しました。週替わりの釣りコラムとみなさんの釣果を掲載します。
コラム「釣りのススメ」
私の釣果(みなさんの釣果を写真付きでお寄せください)

記事一覧

  • ウキ仕掛けでメバル 潮流に逆らわず流そう (2019/8/3) 

     日中は暑く、夜釣りが快適な季節になった。前回、梅雨メバルで紹介したように、夏から秋にかけてのメバルは本当にうまい。身近な波止に短時間釣行しても楽しめるので、挑戦してみてはいかがだろう。  この時…

  • 川のスズキ 青ゴカイ餌に「ぶっ込み」 (2019/7/27) 

     私はかつて、中国地方一の大河である江の川にスズキ狙いで通っていたことがある。河口から二十数キロ上流の島根県川本町の因原辺りでも良型がよく釣れたものだ。広島市中心部を流れる太田川水系の河川でも、中区…

  • ハリスの素材 潮になじむ「フロロ」主流 (2019/7/20) 

     前回の道糸に続き、仕掛けに使われる「ハリス」のお話をしたいと思います。ハリスは、フロロカーボンという素材でできている商品が多く、ナイロンに比べて比重が重く、潮になじみやすい利点があります。  フ…

  • 「磯の帝王」クエに挑む 長崎・平戸沖 (2019/7/13) 

     釣り人生を振り返ってみて、釣り残した魚がいると気づいた。それは「磯の帝王」と称されるクエ。1キロ1万円で取引される高級魚である。20代後半に、高知県柏島での磯釣りで体験した出来事が衝撃的で今も鮮明…

  • スーパーライトジギング 手軽さ魅力、流行の兆し (2019/7/6) 

     梅雨時期に旬を迎える代表魚といえばイサキだ。磯釣りや船釣りの対象魚としておなじみで、餌釣りで狙うことが多い魚だが、流行の兆しが見えるスーパーライトジギング(SLJ)の対象魚として人気になっている。 …

  • チヌの目を引く 自然な速度で餌沈めて (2019/6/29) 

     チヌは、目の前を通り過ぎて落ちていく餌を無視することがあるという。そのため、チヌは自分より下方向の餌に反応しないのでは? という疑問を抱く釣り人がいる。だが、生態を研究するとそうではない。  チ…

  • メバルの餌 時季の食性に合わせる (2019/6/22) 

     メバルは一年中釣れる魚だが、食べている餌は、ゴカイ、小魚、プランクトンと季節によって変化していく。メバルを含め、多くの釣りで大切なのが「適地適食」。その時季の食性に合わせないと、いい釣果にはなかな…

  • キスの季節 強い警戒心、小さな針で (2019/6/15) 

     昭和60(1985)年のこと。初めて鹿児島県の甑(こしき)島へキス釣りに行った時、30センチオーバーを含めて良型を10匹近く釣ったことがある。  島に釣具店はあったが、虫餌などは売っていなかった…

  • 道糸の選び方 フカセにPE、感度良好 (2019/6/8) 

     今回は釣り糸のお話。釣りの世界では「ライン」と呼び、大きく分けると「道糸」と「ハリス」の2種類があります。リールに巻くのが道糸、仕掛けに使うのがハリスと覚えておけば簡単ですね。  私の好きなフカ…

  • 磯や船でも技術を応用 友釣りから学ぶ (2019/6/1) 

     今日6月1日は、中国地方の多くの河川でアユ釣りが解禁を迎える。シーズンインを待ちかねたアユ師たちが、各地の川へ繰り出していることだろう。普段は磯や船で釣りを楽しんでいる私も、アユは大好きだ。清流に…