運動部デスク日誌

記事一覧

  • 5年前の開会式 (2021/7/24) 

     直前まですったもんだした東京五輪が開幕した。23日夜の開会式。中国新聞の五輪担当記者、カメラマンともに入場が許可され、生で開会式を体感することができた。長くスポーツ取材に携わってきた記者にとっては、…

  • 必要なのは対応力 (2021/7/23) 

     いよいよ、カウントダウン時計の表示が「0」となった。誰もが待ち望んだ、というわけにはいかないが、東京五輪が23日に開幕する。  開会式に先立ち、サッカーやソフトボールの競技が始まった。22日は森…

  • 純粋な心が大人を動かした (2021/7/22) 

     夏の甲子園を懸けた高校野球地方大会のまだ2回戦。これほどまでに全国の人々の注目を集めるとは。鳥取大会で学校関係者に新型コロナウイルスの感染者が出たため、一度は辞退したが一転して出場が決まった米子松…

  • 大変な五輪が始まる (2021/7/21) 

     「大変な大会になりましたね」。リオデジャネイロ五輪の時に知り合ったブラジルの友人からメールが届いた。心配されるのも無理はない。開幕まで1週間を切った段階で、開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏を…

  • 活気のなかったリオ五輪開幕5日前 (2021/7/19) 

     活気、盛り上がりがない。これが、五輪担当記者の東京評である。本日付スポーツ面の「東京diary」によると、祝祭ムードは皆無に近い。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下での開催が大きく影…

  • 「広島コンビ」のタクトで世界を驚かそう (2021/7/18) 

     もしや、とわくわくしながらテレビにくぎ付けになった。東京五輪サッカー男子のU―24日本代表が、本番前最後の試合となったスペイン戦。前半を1―0で折り返し、後半同点とされ、1―1のドローで終えた。スペイ…

  • スポーツを通しての平和の発進とは (2021/7/17) 

     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が広島入りし、平和記念公園や原爆資料館を訪れた。原爆の惨状を知り世界に発信してほしいという声もあれば、東京に緊急事態宣言が出る中での広島訪問に、反対の声…

  • 球宴初取材、背番号7の思い出 (2021/7/16) 

     プロ野球のオールスターゲームが16、17日に、2年ぶりに開催される。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、取材は対面ではなく、リモートとなる予定。広島東洋カープから出場の4選手の声をどこまで拾えるか…

  • コイの二刀流 (2021/7/15) 

     海の向こうの米大リーグオールスター戦で、エンゼルスの大谷が投打の「二刀流」として出場し、日米を熱狂させた。いまから22年前、広島東洋カープにも、二刀流としてファンを沸かせた選手がいた。  フェリ…

  • 令和のビッグレッドマシン 夢広がるか (2021/7/14) 

     「ビッグレッドマシン」―。野球ファンなら、一度は耳にしたことがあるかもしれない。1970年に米大リーグで圧倒的強さを誇ったシンシナティ・レッズの愛称。史上最多4256安打のピート・ローズ、本塁打王2…