運動部デスク日誌

記事一覧

  • 夢のまた夢だった試合中継 (2021/10/3) 

     いよいよ始まった広島ドラゴンフライズの新シーズン。北海道を相手に競り勝った開幕戦が、昨季に続き当然のように地上波で生中継されたことが感慨深い。しかも今季は開幕2戦目も中継される。B2時代に担当記者…

  • 早大三羽がらす  (2021/10/2) 

     元横綱白鵬の引退会見があった1日、日本中を沸かせた一人のスターが現役引退を発表した。日本ハムの斎藤佑樹だ。  東京・早実高時代の2006年夏の甲子園、決勝で北海道・駒大苫小牧高の田中将大(現楽天…

  • ウエスタン・リーグ終幕 (2021/10/1) 

     1軍のペナントレースよりは一足先に、ウエスタン・リーグが30日、全日程終了となった。広島は大阪市のオセアンバファローズスタジアム舞洲でオリックスと対戦し、4―6で敗戦。取材した記者によると、自由契約の…

  • 大横綱、土俵を去る (2021/9/30) 

     大相撲の第69代横綱の白鵬が現役引退の意向を固めた。右膝の状態が回復せず、土俵を去る決断をした。一つの時代の終焉(しゅうえん)を実感する。  東京支社と大阪支社時代、本場所に取材に出向いていたが…

  • いざ10月決戦へ (2021/9/29) 

     「10月2試合のノルマは? 達成できなければ解任も」「次期監督は誰がふさわしいか」―。サッカー日本代表の森保監督を巡って、ネットメディアを中心にさまざまな意見が飛び交っている。以前から批判的な論調が多…

  • ヤクルト 両リーグ6度目の快挙に挑む (2021/9/27) 

     「最下位の翌年に優勝」と聞いて思い出すのは、1975年の広島。球団創設26年目での歓喜の初優勝である。ジョー・ルーツ監督からバトンを受け継いだ古葉竹識監督が、周囲の予想を覆し、見事に大輪の花を咲かせ…

  • パリへ始動 (2021/9/26) 

     東京五輪が終わってまだ1カ月あまり。3年後のパリ五輪に向け、すでに動きだした選手もいる。25日の陸上の全日本実業団対抗選手権男子100メートルに出場した、山縣亮太(セイコー、広島・修道高出)もその…

  • 広島愛 (2021/9/25) 

     広島県が、県民に大きな感動や夢、希望を与えたとして、東京五輪の野球で金メダルを獲得した「侍ジャパン」から県ゆかりの5人に県民栄誉賞を贈った。広島東洋カープの森下暢仁、栗林良吏、菊池涼介、鈴木誠也に…

  • 無観客に思うこと (2021/9/24) 

     女子プロゴルフのステップアップツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」が23日、開幕した。今年で10回目となる大会は、新型コロナウイルスの感染防止のため、無観客での開催。数人のボランティアの拍手が…

  • 師弟対決 (2021/9/23) 

     しばらく前から職場に1枚のポスターが貼ってある。真ん中に「師弟対決」と大きな文字が躍る。10月2日に開幕戦を迎える広島ドラゴンフライズの試合告知ポスター。写真は左側に朝山らドラフラの選手、そして右側…