趣味・食・遊ぶ

ちゅうごく山歩き

記事一覧

  • 比礼振山=益田市 (2018/8/19) 

     ▽歴史感じる神話の舞台  益田市中心部の東、日本海を望む比礼振山(ひれふりやま=358・8メートル)は、石見地方の神話の舞台となる歴史の山だ。権現山や石見小富士とも呼ばれる。中腹の佐毘売山(さひめ…

  • 鴻ノ峰=山口市 (2018/8/12) 

     ▽急斜面に大内氏の城跡  山口県庁の西に見える山口市の鴻ノ峰(こうのみね=338メートル)は、中世の大内氏の高嶺(こうのみね)城跡がある山だ。山城にふさわしく急傾斜にそびえ、眺めが素晴らしい。頂上…

  • 岳山=広島市安佐南・安佐北区 (2018/8/5) 

     ▽千年杉・城跡…歴史感じ  広島市安佐南区と安佐北区にまたがる岳山(だけやま=521・2メートル)には、中世の山城跡がある。頂上の石碑には、嶽城(多計城)、城主は武田弾正と記されている。頂上台地は…

  • 天杉山=広島県安芸太田町、益田市 (2018/7/29) 

     ▽天然スギの巨木が林立  広島、島根県境の最高峰、恐羅漢山の北約3キロに天杉山(あますぎやま=1173・4メートル)がある。県境の分水嶺(れい)で、どちらから登っても奥深い。主に、奥匹見峡から尾根…

  • 胡摩ケ岳=島根県津和野町 (2018/7/8) 

     ▽登山口周辺 棚田美しく  島根県最西端の町である津和野町は、山陰の小京都と呼ばれる城下町だ。大きく曲がる津和野川沿いの盆地で、東に青野山、西の山口県境の十種ケ峰(とくさがみね)が目立つ。そして町…

  • 砥石郷山=広島県安芸太田町 (2018/7/1) 

     ▽恐羅漢山や十方山を望む  恐羅漢山の北東に連なる砥石郷山(といしごうやま=1176・9メートル)は、訪れる人が少なく静かな山行が楽しめる。麓の広島県安芸太田町横川は、古くからたたら製鉄で栄えた地…

  • 城山=倉吉市 (2018/6/24) 

     ▽大山山群全ピークを眺望  倉吉市関金町の関金温泉を見下ろす城山(しろやま=180メートル)は、中世に山城が築かれた里山だ。頂上には展望台があり、大山や蒜山(ひるぜん)などの眺めが楽しめる。頂上一…

  • 寂静山・豪円山=鳥取県大山町 (2018/6/17) 

     ▽開山1300年の大山を眺望  鳥取県大山町の寂静山(じゃくじょうざん=872メートル)と豪円山(ごうえんざん=891・3メートル)。開山1300年を迎えた大山の山麓の小ピークを巡り、眺望を楽しむ…

  • 岩山=呉市 (2018/6/10) 

     ▽そびえる巨岩 山城跡も  呉市郷原地区は黒瀬川の流域だ。南の灰ケ峰や野呂山、北の小田山に囲まれた盆地で、川に沿って黒瀬盆地や賀茂台地とつながっている。郷原地区の象徴的な山が岩山(いわやま=419…

  • 三鈷峰=鳥取県大山町 (2018/6/3) 

     ▽大山北壁が眼前に迫る  大山の実質的な頂上である弥山の北東約1・5キロに、三鈷峰(さんこほう=1516メートル)がそびえ立つ。大山夏道5合目から真東に見えるピラミッドのような形の山だ。名前は、そ…