運動部デスク日誌

記事一覧

  • クロンに感じる可能性 (2021/3/24) 

     「クロンでクロン(苦労)しそうだねぇ」という冷やかしが、冗談に聞こえなくなってきた。29打席連続無安打でオープン戦を終了。32打数2安打で打率は1割にも満たない。大砲の不振は打線全体にも影響を及ぼし、…

  • しびれた! (2021/3/22) 

     オープン戦とはいえ、しびれた。21日、ソフトバンクとのオープン戦最終戦。1点リードの九回、マウンドには抑えに指名された新人栗林。2死満塁でフルカウント。1点も与えられない緊迫感の中、フォークで見逃…

  • 東京を射抜け (2021/3/21) 

     コロナ禍であっても、東京五輪へ向かう足音は聞こえてくる。20日に東京で始まった「アーチェリーの東京五輪最終選考会」。広島・佐伯高出身の23歳、河田悠希(エディオン)がトップスコアで、21日の最終日に進ん…

  • 本番モード (2021/3/20) 

     プロ野球開幕まで1週間。19日のソフトバンクとのオープン戦は、26日の開幕戦と同じ午後6時プレーボール。カープの先発マウンドは開幕投手の大瀬良。指名打者を使わず、大瀬良も打席に立った。  その大瀬…

  • 父子2代で「SAMURAI BLUE」 (2021/3/19) 

     新型コロナウイルス感染拡大後、国内で初の試合に臨むサッカーの日本代表23人が18日、発表された。サンフレッチェ広島の川辺ら初招集は8人というフレッシュな陣容。その中に注目したい選手がいる。神戸のG…

  • 広島のハードラー、集大成のシーズンイン (2021/3/18) 

     集大成のシーズン。滑り出しは上々のようだ。陸上女子100メートル障害の第一人者、木村文子(エディオン)が、17日に大阪市で開幕した室内日本選手権に出場。女子60メートル障害で2位に入った。  昨年…

  • 勝ち点1の落とし穴 (2021/3/17) 

     サッカーというスポーツで、勝ち点1という結果はいろいろな見方がある。一つ例を挙げれば、「勝てなかった」のか「負けなかったのか」。どちらの立ち位置に身を置くかで、同じ結果でも、笑顔にもなれれば泣きた…

  • 未来へつながる一筋の光明 (2021/3/14) 

     開幕から続く成績低迷に監督の解任。追い打ちをかけるように所属選手が逮捕された。暗い話が多い広島ドラゴンフライズにとって、未来へつながる一筋の光明と言えるだろう。クラブOBでもある岡崎修司氏が、専任…

  • 「名参謀」への期待 (2021/3/13) 

     球界の「名参謀」と聞いて、どんな名前を思い浮かべるだろう。古くは、巨人・川上哲治監督に「彼がいなければV9はなかった」と言わせた牧野茂。西武の黄金期を築いた森祇晶監督には黒江透修、星野仙一には島野…

  • 前に進む力 (2021/3/12) 

     J1神戸のDF菊池流帆。岩手県釜石市出身の初のJリーガーで、東日本大震災を経験した。2019年にプロとして第一歩を踏み出したのは、J2のレノファ山口だった。震災から10年となった11日、菊池の記事…