運動部デスク日誌

記事一覧

  • パワハラ指導者に再出発はあるのか (2020/11/6) 

     かつてスポーツ現場ではパワハラ指導が当たり前の時代があった。近年はさすがに競技団体が厳しく対応しているが、ひとたび「パワハラ指導者」と認定された人物を現場に戻していいのか。それとも永久追放すべきな…

  • 駅伝シーズンに思うこと (2020/11/5) 

     マラソンや駅伝といったロードレースで「無観客」って…。そんな違和感を持って、1日の全日本大学駅伝をテレビ観戦した。感想は「それはそうだろう」。ゴール地点の伊勢神宮はもちろん、中継所や沿道にはファンの…

  • 愛された指揮官 (2020/11/4) 

     大阪支社時代の2017年は、長い記者生活の中でも思い出に残る年だった。9月18日にカープが甲子園球場で37年ぶりとなるリーグ連覇。その8日後には2軍が26年ぶりの優勝を決めた。甲子園で2度も胴上げ…

  • 一足先に終了 (2020/11/2) 

     一足先に、「弟分」が全日程を終えた。1日にウエスタン・リーグの最終戦があり、カープは30勝42敗4分けの4位でシーズンを終了した。  今春からカープ担当になった若手記者が由宇球場で最終戦の取材を…

  • 「胸アツ」の高校スポーツの秋 (2020/11/1) 

     スポーツの秋―。毎年、楽しみにしているのが高校スポーツである。年末年始や来春にある全国大会の予選がこの時期、めじろ押しだ。  高校野球の秋季中国大会は、新庄(広島)と下関国際(山口)が決勝進出を決め…

  • 巨人Vに、あらためて思うこと (2020/10/31) 

     久しぶりに、ドキドキしながら野球を見た。延長戦にもつれ込んだ巨人―ヤクルトと、DeNA―阪神。決まるのか、持ち越しか。巨人優勝の条件に目をやりながら、一球一打に声を上げている自分がいた。  振り返れ…

  • 広島のスポーツファンは幸せです (2020/10/30) 

     10月28日はある意味、広島にとって歴史的な一日となった。カープ、サンフレッチェ、ドラゴンフライズ。広島のプロ3チームが、今季初めて同日にホームゲームを開催した。しかも全てナイトゲーム。中国新聞の…

  • 「縁」 (2020/10/29) 

     何かの縁を感じる。26日にあったプロ野球のドラフト会議で、広島はトヨタ自動車の右腕栗林良吏の単独指名に成功した。  2年前の名城大時代、栗林はドラフト候補に挙がっていた。ただし、2位までにどの球団…

  • いまそこにある危機 (2020/10/28) 

     存亡の機にあると言っても大げさではない。Jリーグの村井チェアマンは「地域におけるわれわれの存在意義を失う」とまで言い切った。それほどまでに、この1カ月あまりに相次いだJリーガーの不祥事は衝撃的であ…

  • 「緑」のチームが好調です! (2020/10/26) 

     「赤」「紫」「朱色」「緑」。スポーツ通なら、ぴんとくるでしょう。カープ、サンフレッチェ、ドラゴンフライズなど、広島のスポーツチームのチームカラーだ。今季は「緑」が絶好調。そう、バレーボールVリーグ…