運動部デスク日誌

記事一覧

  • カープ 自力V消滅に思うこと (2021/7/2) 

     「覚悟はできていた」とファンに言われそうだが、1日に広島東洋カープの自力優勝の可能性が消滅した。71試合目。シーズンの半分を消化する前に消えたことがあっただろうか、と過去の記録をめくる。見つけた。2…

  • 12行に感じた一時代の終わり (2021/7/1) 

     30日付スポーツ面の片隅に載っていた短い記事に気付かなかった方も多いかもしれない。ドラゴンフライズの岡本飛竜が新潟へ移籍することを伝えた記事。たった12行ではあるが、一つの時代が終わったと感傷的な気分…

  • 痛かった五回の失点 (2021/6/30) 

     カープファンにとっては悔しすぎる逆転負けであった。打線が活発で、「巨人の連勝を止められるのでは」と期待感たっぷりで見つめた序盤戦。しかし、こういう日に限って、先発大瀬良が不調。結果、中継ぎ勝負とな…

  • 運を生かすのも実力 (2021/6/28) 

     多くのドラマを生んだ、東京五輪代表選考を兼ねる陸上の日本選手権が閉幕した。最終日の27日も、予想もしなかったドラマが待ち受けていた。  男子110メートル障害決勝。注目したのは、広島工大高出身の…

  • 三浦龍司 安芸路から世界へ (2021/6/27) 

     大きなストライドを生かしたダイナミックな走りで、下り坂が得意。勢いに乗ると止まらない。「何位でたすきを受けても、前に人がいたら絶対に抜く」。負けず嫌いな性格と大舞台での勝負強さで、チームへの貢献が…

  • 山縣の3大会連続代表入りに感じる「運の力」 (2021/6/26) 

     冷や汗をかいたのは、本人ばかりではないだろう。東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権。「史上最もハイレベルな争い」と注目された男子100メートルで山縣亮太(セイコー)は小池祐貴(住友電工)との…

  • ピーキングが分ける明暗 (2021/6/25) 

     「ピーキング」という言葉を耳にしたことがあるだろうか。スポーツの現場では「試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、練習などでコンディションを調整していく」という意味で使われる。24日に開幕した東…

  • ママアスリートの先駆者 (2021/6/24) 

     中国新聞では「声を上げる女性アスリート」を連載中だ。(中)では結婚、出産を経て第一線で活躍する選手がテーマ。柔道五輪メダリストの谷亮子、陸上100メートル障害で日本記録を樹立した寺田明日香らが有名…

  • 積み重ねがものをいう (2021/6/23) 

     最後は積み重ねの差だったのだろう。東京五輪に臨むサッカー男子日本代表の18人が発表され、サンフレッチェからGK大迫が選ばれた。直前の代表合宿での起用法や各メディアの予想を踏まえると選外も覚悟していた…

  • 2年ぶりの高校スポーツの夏 (2021/6/21) 

     新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された中、東京五輪までのカウントダウンが始まった。プロ野球やJリーグも制限がある中で開催している。スポーツのある日常は次第に戻ってきた。そして今夏、風物詩…