運動部デスク日誌

記事一覧

  • キーワードは「廿日市市」 (2021/5/20) 

     19日のプロ野球は各地で熱戦が繰り広げられた。この日のキーワードは「廿日市市」。同市に関係する2人のホープが、20日の紙面の主役となる。  巨人と対戦した広島東洋カープは、廿日市市大野東中出身の…

  • 金メダリストの伝言 (2021/5/19) 

     新型コロナウイルスの感染拡大がなかったなら、もっと盛り上がっただろうに…。そんな思いで見つめていた広島での聖火リレーが18日、終わった。「聖火ランナーとして、きてましたよ」。取材に行った後輩記者から懐…

  • 悪球打ち (2021/5/17) 

     水島新司さんの野球漫画「ドカベン」のキャラクターの一人、岩鬼正美は「悪球打ち」の名人である。ストライクゾーンは空振りし、とんでもないボール球をホームランにする。16日のDeNA戦で、広島東洋カープ…

  • 記念日に気分はどんより (2021/5/16) 

     国際家族デーにヨーグルトの日、それからストッキングの日。5月15日は何の日かと調べたら、いろんな記念日になっているようだ。ただ多くのサッカーファンにとっては「Jリーグの日」であろう。今から28年前のこ…

  • 田中、長野、堂林をどう使うべきか (2021/5/15) 

     光が強ければ強いほど、その影は濃くなる。広島東洋カープの大勝に終わったDeNA7回戦。小園、羽月、石原、坂倉ら若ゴイたちの躍動に目を細めながら、その影にいるベテランの姿が気になった。いずれも1桁の…

  • ようやくベールを脱いだ新戦力 (2021/5/14) 

     不思議な感じがする。いまは5月中旬。3月下旬に開幕したプロ野球も40試合近く消化している。この時期に「来日初登板」という言葉を連日、目にしたからだ。広島東洋カープの新外国人投手、ネバラスカスとバー…

  • コイの季節はいつやってくる (2021/5/13) 

     昔、とはいっても、それほど遠くはない昔。「5月まではコイの季節」と呼ばれた時代があった。コイとは広島東洋カープのことである。開幕ダッシュが得意で、こいのぼりが勢いよく泳ぐ季節は上位争いの常連だった…

  • 笑顔で迎えられない五輪ならば (2021/5/12) 

     2020年5月11日、全国で確認された新型コロナウイルス新規感染者は43人だった。政府は緊急事態宣言について、「特定警戒都道府県」以外の34県を一斉に解除する方向で調整に入った。プロスポーツも6月の開幕…

  • 2軍での鍛錬の日々をプラスに (2021/5/10) 

     広島東洋カープの中村奨成が9日、登録を抹消された。4月16日に1軍に昇格し、同日の中日戦でプロ初安打をマーク。同25日の巨人戦では同点の九回に二塁打を放ち、勝利に大きく貢献した。8試合に出場し、打…

  • 夢に復讐される前に (2021/5/9) 

     いたずらに危機感をあおるつもりはないが、下位チームの足音はどんどん近づいている。サンフレッチェ広島は鳥栖と0―0で引き分け。これで開幕9戦目から6戦勝ちなしとなった。「開幕から8戦負けなし」だった時…