運動部デスク日誌

記事一覧

  • 未来へつながる一筋の光明 (2021/3/14) 

     開幕から続く成績低迷に監督の解任。追い打ちをかけるように所属選手が逮捕された。暗い話が多い広島ドラゴンフライズにとって、未来へつながる一筋の光明と言えるだろう。クラブOBでもある岡崎修司氏が、専任…

  • 「名参謀」への期待 (2021/3/13) 

     球界の「名参謀」と聞いて、どんな名前を思い浮かべるだろう。古くは、巨人・川上哲治監督に「彼がいなければV9はなかった」と言わせた牧野茂。西武の黄金期を築いた森祇晶監督には黒江透修、星野仙一には島野…

  • 前に進む力 (2021/3/12) 

     J1神戸のDF菊池流帆。岩手県釜石市出身の初のJリーガーで、東日本大震災を経験した。2019年にプロとして第一歩を踏み出したのは、J2のレノファ山口だった。震災から10年となった11日、菊池の記事…

  • サッカー日韓戦に思うこと (2021/3/11) 

     その可能性は伝えられていたが、実際に行うという報道に驚いている自分がいる。日本サッカー協会は10日、日本代表と韓国代表が25日に横浜市の日産スタジアムで国際親善試合を行うと発表した。日韓戦は2019年1…

  • いまを戦うということ (2021/3/10) 

     昨秋、監督に就任した時には、このような開幕を迎えることになろうとは思いもしなかっただろう。「現場でコントロールできないことを嘆いても仕方ない」。9日、DeNAの三浦新監督はそう言って、前を向いたと…

  • ルーキー無失点リレー (2021/3/8) 

     2月28日の「運動部デスク日誌」で、「カープのルーキー3人による『勝利の方程式』が見られるかもしれない」と、希望的観測を込めて書いた。だが、こんなに早く見られるとは思わなかった。7日のヤクルトとの…

  • 再起のマツダスタジアム (2021/3/7) 

     広島に球春が到来した。6日、マツダスタジアムで広島初のオープン戦となるヤクルト戦があった。開幕投手に決まった大瀬良の好投に、1軍復帰となった西川の決勝打。見どころ満載の一戦、対戦相手のヤクルトにも…

  • ルーキーが担うもの (2021/3/6) 

     「今年のルーキーは評判がいいねえ」。オープン戦開幕を前に、熱烈な「カープ党」の知人から、久しぶりにメールが届いた。彼が言うルーキーとは、栗林、森浦、大道の即戦力トリオ。3人とも1軍キャンプを完走し…

  • 勝利の美酒 (2021/3/5) 

     「よし」「今夜はディフェンスがいいぞ」「朝山さん、神だわ」…。3日夜の運動部に、控えめに喜ぶ声が響いた。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の広島が滋賀に20点差をつけて勝ち、連敗は8でストップ。…

  • レジェンド解説 (2021/3/4) 

     何とも言えない不思議な気分だった。聞き慣れた声のはずなのに、違和感がありまくり。3日にあったYBCルヴァン・カップのサンフレッチェ広島―清水戦をテレビ観戦して、そう感じた人も多かったのではないか。サ…