運動部デスク日誌

記事一覧

  • 最上級の「バリバリバリ」 (2020/11/29) 

     広島東洋カープの来季のキャッチフレーズが「バリバリバリ」に決まり、発表された。2019年の「水金地火木ドッテンカープ」、今季の「たった今 このAKAの子 舞いたった」に続き、インパクトのあるキャッ…

  • 同日に2020年王者決まる (2020/11/26) 

     25日夜にプロ野球とJリーグで今季の王者が決まった。プロ野球の日本シリーズではソフトバンクが4連勝で4連覇を達成し、Jリーグでは川崎の2年ぶりの制覇が決まった。同日に野球、サッカーの日本一が決まる…

  • 形骸化する日本シリーズ (2020/11/25) 

     阪神ファンには、悪夢の日本シリーズが存在する。千葉ロッテとの戦いとなった2005年。阪神は2位に10ゲーム差をつけてリーグ制覇。順当にこまを進めた。千葉ロッテはレギュラーシーズン2位から勝ち上がった…

  • 頑張れトラさん (2020/11/23) 

     22日、都市対抗大会が開幕した。この日ばかりは、社会人野球ファンのみならず、多くのカープファンも注目していたに違いない。第2試合に登場したトヨタ自動車の先発はドラフト1位の栗林。だが、私は対戦相手で…

  • 原マジックはあるか (2020/11/22) 

     日本シリーズが開幕した。「今年はカープが出んけえ、興味が湧かん」。そんな人も多かろう。私も同感なのだが、ほかにコラムの材料が見当たらないので、取り上げさせてもらうことにする。  結果はご存じの通り…

  • まだまだ若い (2020/11/21) 

     大切な宝物がある。野球の硬式球だ。そのボールには、2003年の選抜高校野球大会で優勝した広島・広陵のメンバー18人の直筆の名前が記してある。大会を取材した広島の担当記者にと、チームから記念にいただ…

  • 考える力は武器になる (2020/11/20) 

     選手寿命が延びたサッカー界とはいえ、29歳と言えば中堅からベテランに差し掛かるところ。一般的に心身ともに急成長する時期は過ぎている。選手としての力量もチーム内での立ち位置も、ほぼ定まっている。定位置…

  • 東京五輪を考える (2020/11/19) 

     日本に滞在していた国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が18日、帰国の途に就いた。15日の来日から連日、その動向を伝えてきたが、振り返ってみれば、「このコロナ禍で何をしに来たのだろう…

  • 反転攻勢への期待 (2020/11/18) 

     その昔、とは言っても、それほど遠くはない昔。プロ野球で外国人選手を「助っ人」と呼んでいた時代があった。意味は言葉通り、「手助けをする人」。チームが優勝を目指すために足りない部分を補う「補完戦力」と…

  • 驚きの日本代表 (2020/11/16) 

     かつてサッカーの日本代表が海外で試合を行う時、メディアでは行き先の地名をつけて「●●遠征」などと呼んでいた。しかし、そんな呼称も死語になりそうだ。10月のオランダに続いて今月のオーストリアでの親善試合…