運動部デスク日誌

記事一覧

  • 来季へと向かう新しい熱 (2020/9/16) 

     朝夕の涼しさに、急激な秋の訪れを感じるきょうこの頃、セ・リーグのペナント争いにも猛烈な秋風が吹き始めている。開幕から好調を維持している巨人が2位を大きく引き離して独走。優勝マジック38が点灯した。一…

  • 今日も明日も頼むぞ われらの栗原〜 (2020/9/13) 

     毎週火曜日に「カープ70周年 選手列伝 よみがえる熱球」が掲載されている。低迷期にチームを支えた選手が多く取り上げられているが、8日に栗原健太が登場した。思い入れの強いファンも多いだろう。  20…

  • トルシエ、殿堂入りするってよ (2020/9/12) 

     「夏が来れば、思い出す〜」という曲があるが、私には「サッカーW杯が近づくと、思い出す顔」がある。元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏。2002年W杯日韓大会で、日本代表を16強に導いたフランス人指…

  • 将棋はスポーツ? (2020/9/11) 

     恥ずかしながら最近まで「マインドスポーツ」という言葉を知らなかった。将棋やチェスなど頭を使うゲームのことを指す。日本を代表するスポーツ総合誌「スポーツ・グラフィック・ナンバー」が3日発売の最新号で…

  • 駅伝シーズンを前に (2020/9/10) 

     天皇杯全国都道府県対抗男子駅伝と、皇后杯の同女子駅伝が中止となる見通しとなった。主催の日本陸連が9日、方針を示した。決定すれば初の中止となる。1月の安芸路、都大路を彩ってきた歴史のある大会。選手、…

  • アンガーマネジメント (2020/9/9) 

     注意一秒、けが一生。セルビアにそんなフレーズがあるかどうか分からないが、ノバク・ジョコビッチはまさにそんな気分だろう。テニスの全米オープンに出場した世界ランク1位は、危険行為を行ったとして失格処分…

  • 初の1軍切符 (2020/9/7) 

     9月に入り、1勝4敗1分けと調子のでない佐々岡カープ。開幕から3カ月がすぎ、シーズンも折り返し地点を回った。だが、個人的に楽しみもある。初めて1軍に昇格する選手が多いことだ。  新人の森下を含み、…

  • 神の子、もとさや (2020/9/6) 

     当欄で「神の子」の別れ話を書いてから1週間あまり、ひとまず元のさやに収まることになった。サッカー界のスーパースター、リオネル・メッシが退団決意から一転、バルセロナに残留することを表明した。とりあえ…

  • 指揮官が進む道とは (2020/9/5) 

     かつて球炎で書いたことがあるのだが、「いい政治とは、国民に政治を感じさせない政治」という言葉があるという。これに倣えば、「いい野球とは、観客に采配(さいはい)を感じさせない野球」ということになろう…

  • ドラフラに追い風? (2020/9/4) 

     リーグの勢力図を大きく変える要因になるかもしれない。開幕が1カ月後に迫ったバスケットボール男子Bリーグ。新型コロナウイルスの影響で日本に入国できない外国人選手が、8月末の時点で全体の約6割の60人に…