運動部デスク日誌

記事一覧

  • よう負けたシーズン (2020/11/12) 

     「よう負けた。よう負けた1年だった」。試合終了と同時に、カープファンの友人からメールが届いた。11日にマツダスタジアムであった中日とのシーズン最終戦。今季を象徴するような元気のない戦いぶりで、56度目…

  • 29歳の引退 (2020/11/11) 

     甲子園が泣いた、阪神・藤川の引退試合。詳しくは朝刊をご覧いただきたいのだが、スポーツ面にもう一つ、引退の文字を見つけた。サッカー女子日本代表GK、山根恵里奈の引退会見。まだ29歳だが「来年ピッチに立…

  • 引退セレモニーに思う (2020/11/8) 

     冷たい雨の中でも、温かい気持ちになった。7日、マツダスタジアムであった広島・石原の引退試合。「19年間、みなさんの支えがあり、幸せな時間を過ごすことができました。本当に本当にありがとうございました」…

  • 挑戦する美学 (2020/11/7) 

     低迷期からリーグ3連覇の黄金期まで、カープを支えたベテランがチームを去る。35歳の小窪だ。球団から指導者を打診されたが、現役続行にこだわり、自由契約となった。6日に記者の取材に応じた。一問一答の全…

  • パワハラ指導者に再出発はあるのか (2020/11/6) 

     かつてスポーツ現場ではパワハラ指導が当たり前の時代があった。近年はさすがに競技団体が厳しく対応しているが、ひとたび「パワハラ指導者」と認定された人物を現場に戻していいのか。それとも永久追放すべきな…

  • 駅伝シーズンに思うこと (2020/11/5) 

     マラソンや駅伝といったロードレースで「無観客」って…。そんな違和感を持って、1日の全日本大学駅伝をテレビ観戦した。感想は「それはそうだろう」。ゴール地点の伊勢神宮はもちろん、中継所や沿道にはファンの…

  • 愛された指揮官 (2020/11/4) 

     大阪支社時代の2017年は、長い記者生活の中でも思い出に残る年だった。9月18日にカープが甲子園球場で37年ぶりとなるリーグ連覇。その8日後には2軍が26年ぶりの優勝を決めた。甲子園で2度も胴上げ…

  • 一足先に終了 (2020/11/2) 

     一足先に、「弟分」が全日程を終えた。1日にウエスタン・リーグの最終戦があり、カープは30勝42敗4分けの4位でシーズンを終了した。  今春からカープ担当になった若手記者が由宇球場で最終戦の取材を…

  • 「胸アツ」の高校スポーツの秋 (2020/11/1) 

     スポーツの秋―。毎年、楽しみにしているのが高校スポーツである。年末年始や来春にある全国大会の予選がこの時期、めじろ押しだ。  高校野球の秋季中国大会は、新庄(広島)と下関国際(山口)が決勝進出を決め…

  • 巨人Vに、あらためて思うこと (2020/10/31) 

     久しぶりに、ドキドキしながら野球を見た。延長戦にもつれ込んだ巨人―ヤクルトと、DeNA―阪神。決まるのか、持ち越しか。巨人優勝の条件に目をやりながら、一球一打に声を上げている自分がいた。  振り返れ…