趣味・食・遊ぶ

2021ひろしまフラワーフェスティバル(関連ニュース・話題)

満開楽しみ、3万鉢育て 2021FF、広島で「花育」用の苗配布

2021/2/16
届いたパンジーの苗をプランターに植える園児たち(広島市安佐南区)

届いたパンジーの苗をプランターに植える園児たち(広島市安佐南区)

 5月3〜5日に開催予定の2021ひろしまフラワーフェスティバル(FF)の会場を花で彩る「ピースフラワープロジェクト花育(はないく)」用の苗の配布が16日、始まった。広島市内の幼稚園や小中学校など約120団体が計約3万鉢を育てる。

 川内菜の花幼稚園・保育園(安佐南区)にはFF企画実施本部からパンジーの苗約200本が届き、年長の園児たち約50人がプランターに丁寧に植え替えた。矢野結月ちゃん(6)は「きれいな花が咲くよう、お世話したい」と張り切っていた。

 広島県世羅町のトキファームで育てられた苗は、市中央卸売市場(西区)の荷受会社花満などの協力で、3月末までに参加団体に配られる。花はFF期間中、メイン会場の一つである平和記念公園(中区)の芝生広場などに展示される。

 今年のFFは新型コロナウイルス感染防止のため従来の内容を変更する。平和大通り一帯(同)でのイベントを見送り、旧市民球場跡地(同)でセレモニーやステージを実施。同公園をはじめ、市中心部一帯に花々を飾る。(城戸昭夫)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧