運動部デスク日誌

絶対に負けられない戦い

2021/3/25

 サッカーの日本代表が25日、1年4カ月ぶりに国内で試合を行う。しかも相手は永遠のライバル、韓国代表。某テレビ局のフレーズではないが、親善試合とはいえ「絶対に負けられない戦い」である。久々の代表戦のわくわく感以上に、「もし負けたら」と不安もよぎる。韓国戦ならではの感情だろう。
 最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでは日本が27位なのに対し、韓国は38位。ただ対戦成績では13勝23分け40敗と分が悪い。日韓戦は常にほかの対戦以上に激しい競り合いが繰り広げられ、韓国の選手の敵意むき出しの当たりは「肉弾戦」という表現がぴったりくる。
 今回はあくまで親善試合で、本来なら30日のワールドカップ(W杯)予選モンゴル戦へ向けた調整試合である。しかし、相手が韓国ならそうはいかない。メディアやファンの一部では「負けたら森保監督の進退問題だ」とあおる向きさえいる。それくらい感情をかき立てられるのである。
 ともあれ、このコロナ禍の中で代表戦がようやく日本で実現する。開催自体に反対の声もあるようだが、決まった以上は純粋にサッカーを楽しめばいい。佐々木と川辺のサンフレ勢が活躍すれば、なお楽しい。(日野淳太朗) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧