運動部デスク日誌

首位です!

2021/4/1

 まだ5試合。「何浮かれとるんや」とおしかりを受けるかもしれない。でも、喜ばずにはいられない。カープが首位に立ちました。
 昨季開幕連勝して以来の1位。この時は同率だったが、単独首位となれば、2019年6月17日以来で佐々岡体制では初めてだ。中国新聞の編集フロアも、お祭り騒ぎだった。
 5試合で3勝1敗1分け。勢いだけではない。いろんな要因があると思うが、真っ先に浮かぶのが投手陣か。先発陣は全てクオリティースタート(6回以上投げ自責3以下)を達成。救援陣も2戦目から無失点を続ける。31日は初登板の中田と新人大道がいずれもゼロに抑えた。そして抑えの栗林。安定感に風格すら漂うたたずまいは、まさに守護神だ。
 阪神戦に関しては、スーパールーキー佐藤輝を封じていることも大きいのでは。2試合で8打数1安打で6三振。的を絞らせていないように思える。ここで勢いづかすと、いいイメージを与えてしまい、今後やっかいな相手になりかねないので、ここまでは成功だろう。
 とはいえ、このままスムーズにいかないことは重々承知している。新人は壁にぶつかることもある。疲労や故障、調子を崩すことも。ただ、カバーしあえる戦力があることは立証できた。ひとまず、スタートダッシュには成功したと言っていいでしょう。
(下手義樹)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧