運動部デスク日誌

我慢の限界が先か、得点量産が先か

2021/4/25

 そろそろ見極める時ではないだろうか。サンフレッチェ広島のジュニオールサントスの先発起用である。24日は福岡に1―2で惜敗。リスク覚悟の攻撃サッカーを掲げながら、4試合連続で1得点以下と消化不良の試合が続く。その象徴が9試合無得点のブラジル人ストライカーである。
 突破力があるがゆえのジレンマかもしれない。ボールをもらうと、まずはドリブルを仕掛けて相手ゴールへ向かう。確かに迫力があるし、抜け出して一人で決定的なチャンスをつくることもある。貴重な武器であることは間違いないし、期待したくなるのも分かる。
 ただ、サンフレの最大の武器は相手も研究済み。複数の選手で囲み、簡単には突破させてくれない。ボールを失ったり、前に進めず苦し紛れにパスを出したり。ほかの選手も、とりあえずジュニオールサントスに任せようとしているのか、連係がかみ合わない。これでは攻撃にリズムが生まれないし、チームとして点を取る形をつくれない。
 早くもシーズンの3分の1近くを消化した。いまだに生かし方を見いだせていない現状を踏まえれば、当面はスーパーサブとして起用するのも手だろう。運動量が落ちる後半に投入すれば、あの突破力がより生きるはず。いつかゴールを量産してくれるのではないかと期待し続けて手遅れになるか、覚醒するのが先か。我慢できる時間はあるようでない。(日野淳太朗)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧