趣味・食・遊ぶ

2021ひろしまフラワーフェスティバル(関連ニュース・話題)

花咲き誇る街の歩みたどって パネル付きプランター設置開始 平和大通りに6カ所予定

2021/4/27
FFと広島の歩みを紹介するプランターを設置する業者

FFと広島の歩みを紹介するプランターを設置する業者

 5月3〜5日の2021ひろしまフラワーフェスティバル(FF)を前に、広島市中区の平和大通りで26日、FFの歴史などを紹介するパネル付きの木製プランターの設置作業が始まった。平和大通りや周辺の商店街は5月31日まで「ひろしまフラワーロード」として、色とりどりの花々で彩られる。

 プランターは3基1組で幅約2・8メートル。背面に高さ約1・8メートルのボードを取り付け、戦後の広島とFFの歩みを紹介するパネルを掲示する。この日は平和大橋西詰め付近で園芸業者が作業し、マリーゴールドなどを飾った。27日も中央通りの交差点まで、さらに5カ所に置く。

 設置場所を通り掛かった西区の保育士野崎千夏さん(31)は「FFには何度も遊びに来たが、歴史までは知らない。学びながら花を見たい」と話していた。

 今年のFFは平和大通り一帯でのパレードやステージを見送るなど、新型コロナウイルスの感染対策を徹底する。ひろしまフラワーロードは平和大通りをはじめ、中央通り、本通り商店街、金座街商店街も対象とし、店先などに木製プランターを並べる。(城戸昭夫)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧