運動部デスク日誌

デビュー

2021/4/30

 昨年行われた日韓の事務所の合同オーディションを勝ち抜き、メジャーデビューしたアイドルグループ「NiziU」(ニジュー)が、大ブームを巻き起こしている。29日、広島東洋カープの「ニジュー(20)」歳サウスポーが1軍デビュー。プロとしての第一歩を踏み出した。福井・丹生高出身の玉村昇悟だ。
 1―1の四回にオースティンとソトに一発を浴びるなど、5回5失点で負け投手に。ほろ苦いデビュー戦となった。それでも、キラリと光るものはあった。プレーボール前は緊張した様子もなく、笑みを浮かべながらキャッチボール。いざマウンドでは臆することなく内角をズバッと攻めた。あどけなさが残る表情とは対照的な投げっぷりに、将来性を感じた。
 高卒2年目の生きのいい投球は、ナインの士気も高めたようだ。一回には鈴木や菊池がヘッドスライディングを見せて先制点をプレゼント。小園は二回の適時失策を取り返そうと、その裏の打席で安打を放った。「玉村に勝ちをつけてあげたい」というナインの強い気持ちを感じ取ることができた。
 佐々岡監督のコメントからも、次回マウンドのチャンスは十分にありそうだ。いずれ、流行した「NiziU」の代名詞「縄跳びダンス」を思わず踊りたくなるような、胸のすく投球が見られるかもしれない。次回登板が非常に楽しみになった、デビュー戦だったといえる。(下手義樹)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧