【PR】中国新聞Biz

【谷川建設】プライベートを確保したウッドデッキ[アスタ展示場 オーナー様宅訪問]

2021/7/9

温かみのある和風モダンに
 玄関を開けた瞬間に、ヒノキの香りがほのかに感じられるO様の住まい。外観、インテリアともシックなトーンで統一し、温かみのある和風モダンに仕上げています。
 2人とも学校の先生であるO様夫婦は、一昨年12月に入籍された新婚さん。通常は週末も忙しい2人ですが、コロナ禍で部活動ができないこともあって少しだけ時間に余裕ができ、家づくりを始めることができました。


明るいウッドデッキに面したリビングダイニング
 奥さまの一番好きな場所は、明るいウッドデッキに面したリビングダイニング。キッチンに立つとリビングのソファとダイニングテーブル、ウッドデッキがちょうど見渡せます。「家族みんなが集まって過ごす、居心地のいい空間にしたい」
 ガーデンチェアを置いたウッドデッキは、フェンスが外部からの視線を遮り、プライベートな家族の時間を楽しむことができます。リビングとの一体感を演出するため、床板の向きと高さをそろえています。


家族の気配を感じられる書斎
 ご主人のこだわりが詰まった書斎は、あえて1階リビングの一角に設けました。趣味や仕事に集中しながら家族の気配は感じられるよう、仕切りは格子に。使いやすさを考えてデスクは造作にし、床板と同じ色に塗装することで統一感を出しました。


収納力の高いシューズクローク
 縦長の玄関は、入口側から長く伸びた作り付けのシューズクロークが印象的。約120足分と大容量です。棚はあえて低い位置に設定し、飾る小物やグリーンを季節ごとに変えて楽しんでいるそうです。


ゆとりあるウオークインクローゼット
 家族の洋服をまとめて収納でき、布団やスーツケースなど大きな物も置けるウオークインクローゼットは、ゆとりたっぷり。防虫・防湿効果に加え、明るい色味で広く見せる効果があるヒノキを、壁と天井に使用しています。
 将来のために子ども部屋も準備。ここだけは、子どもらしい明るい色調の床を選びました。人数が増えれば2部屋に分割できるよう、ドアは2カ所。現在はご主人のトレーニングルームとして活用されています。


「家に帰るのが楽しみです」
 自分たちのぼんやりした好みを的確にくみ取って形にしてもらえた、と感謝するO様。建築士から提案された、玄関正面や、ウッドデッキとリビングをつなぐ掃き出し窓の上にあしらったヒノキの装飾も大のお気に入りです。「毎日、家に帰るのが楽しみです」

【問い合わせ】谷川建設
電話番号 082-502-7730
谷川建設モデルハウスの見学予約はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧