【PR】中国新聞Biz

【ミサワホーム中国】リゾート感あふれる住まいを実現[アスタ展示場 オーナー様宅訪問]

2021/6/29

マンションから一戸建てへ
 広島市佐伯区のH様はご夫婦と高3のお嬢さんの3人家族。生活騒音を気にせず暮らすとともに、ご主人の趣味であるピアノも思う存分楽しみたいと考え、高層マンションから一戸建て住宅への住み替えを決めました。
 仕事が忙しいご夫婦は、くつろぎと癒やしを感じられるリゾート感のある家をご希望でした。住宅展示場を巡るうち、モデルハウスの雰囲気が気に入ってミサワホームでの建設を決定。眺望のよい場所を探していたところ、目の前が緑豊かな公園である現在の土地が見つかり、家づくりがスタートしました。


ホテルライクなリビング
 採光性と窓からの眺めを考慮して、リビングは2階に。折り上げ天井と大理石調の床を採用し、ホテルライクな雰囲気に仕上げました。ミサワホームならではの木質パネル構造で最高3.8bの天井高を実現。南側の高い位置に設けた大きな窓は採光性が高く、天気がいい日には窓いっぱいに青空が広がります。


バルコニーがくつろぎの場に
 リビングからつながる約13畳のバルコニーは、愛煙家であるご主人のくつろぎの場所。公園の緑を眺めながら、ゆったりと過ごすのがお気に入りだそうです。外からの目線は遮られているので、安心してシーツやカーペットなど大きな物を干したり、携帯コンロを持ち出してバーベキューをしたり…開放感たっぷりです。


実用性が高いガス暖炉
 重厚感を演出する白いれんがが印象的なガス暖炉は、インテリアとしてだけでなく実用性もバッチリ。普段はこれだけで十分暖かく、特に寒い日に時々床暖房をつける程度だそうです


大収納空間「蔵」に満足
 奥さまお気に入りのキッチンは、見た目の美しさと耐久性を兼ね備えたセラミックトップ。パソコン作業などができるカウンターの向こうには、ミサワホームの特長でもある大収納空間「蔵」を設け、その上のスキップフロアに、来客時には寝室としても使える和室を作りました。「何でもパッとしまえて、急な来客時にも便利」と奥さま。ひな壇飾りやアルバムなど、季節用品や思い出の品を保管しています。


防音室でピアノも思う存分に
 玄関を入って右側は、グランドピアノを置いた防音室です。「時間帯を気にせず、思う存分ピアノを弾けてうれしい」と、H様。ソファセットを置き、応接室としても使用されています。
 入居から数年がたちますが「それぞれが好きな場所で好きなことを気兼ねなくできる空間が心地いい」と、ご家族全員が大満足。仕事が忙しく、コロナ禍で外出がままならない日々も、快適に過ごせているそうです。

【問い合わせ】ミサワホーム中国
電話番号 082-212-0822
ミサワホーム中国モデルハウスの見学予約はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧