【PR】中国新聞Biz

【創建ホーム】子どもがのびのびと暮らせる家づくり[アスタ展示場 オーナー様宅訪問]

2021/7/1

「長く付き合えるハウスメーカーに」
 広島市南区のY様は、ご夫婦と長男(小3)、長女(年中)、次男(2歳)の5人家族。2019年に大阪から広島へ引っ越してくるタイミングで家づくりの検討を始めました。
 Y様の祖父がお住まいだった場所に建てることは決まっていたものの、ハウスメーカーがなかなか決まらず、あちこち巡った末に創建ホームに出合いました。「この先長く付き合っていきたいと思える、信頼できる会社を選びました」


玄関そばに洗面所と浴室
 玄関を入ってすぐ右手に、白で統一した清潔感のある洗面所と浴室を設けました。外遊びが好きな長男が泥だらけで帰ってきても、そのままシャワーに直行できます。「コロナが心配な今は、うがいや手洗いを済ませて部屋に入れるのも安心です」


木のぬくもりがあるリビング
 リビングは木を多く使い、優しい印象に。造作で取り付けたカウンターでは、子どもたちが並んで座り、宿題をしたり絵本を読んだりしています。
 天井には間接照明を採用。子どもたちが眠った後は明かりを落とし、ゆっくりテレビを見たりお酒を楽しんだりして、のんびりと夫婦の時間を過ごしているそうです。


壁一面を収納スペースに
 ダイニングに座ると、正面に見えるのがシンボルツリーであるシマトネリコの緑と青空。Y様の一番お気に入りの景色です。仲良しのお隣さんと程よい距離感で行き来できるウッドデッキでは、バーベキューや水遊びを楽しんでいます。
 テーブル横は壁一面、収納スペースにしました。こまごました物を収められ、スッキリした印象になりました。


2階の洗面所 大活躍
 リビング階段を上がると、すぐに洗面所が。子どもたちが大きくなったときに、1階の洗面所が渋滞しないように取り付けましたが、加湿器の水を補充したり掃除用のぞうきんを洗ったりするのに、いちいち1階へ下りなくてよいので意外に便利だったそうです。
 家に仕事を持ち帰ることが多いご主人の書斎は「一人で集中して取り組みたい」というご希望にぴったりの完全個室。趣味のギターも片隅に置いてありました。


「引っ越して良かったね」
 子ども部屋は2室。まだ子どもたちが小さいため、現在は一方をおもちゃを置いて遊び部屋に、もう一方は3人の寝室として使っています。
 「子どもたちが『引っ越して良かったね』と言ってくれるんです」と奥さま。夫婦のこだわりを実現しつつ、子どもたちも楽しくのびのびと暮らせる家づくりができました。

【問い合わせ】創建ホーム
電話番号 082-511-3262
創建ホームモデルハウスの見学予約はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧