【PR】中国新聞Biz

【住友林業】緑を楽しみ、家族と程よい距離感で集う[アスタ展示場 オーナー様宅訪問]

2021/7/16

複数メーカーの間取りを比較
 H様は、ご夫婦と小6の女の子の3人家族。お嬢さんが中学生になるのに合わせ、奥さまの実家に近い現在の場所に家を建てることに決めました。
 予定地は神社に隣接しており、細長くてやや高低差がある土地だったため、まず複数のハウスメーカーにその条件を提示し、提案された間取りを比較する形でハウスメーカー選びを始めました。当時は県外にお住まいだったため、遠隔での打ち合わせが可能なことも条件の一つでした。


高低差を生かした玄関まわり
 家の顔とも言える玄関前は、高低差を生かして四季折々に美しい変化を見せる木々や花々を植え、年月とともに独特の深い味わいを醸す溶岩石を設置しました。夜になると正面の壁に木々の影が映り、また違った表情に。「水やりなど世話は大変ですが、家の前を通るご近所さんにも楽しんでもらえたらうれしい」


温かみと「こもり感」を演出
 奥様こだわりのキッチンは、家電や収納ワゴンも含め落ち着きのあるブラックで統一。背面の収納棚に設けた間接照明が、壁一面に張ったグレーのタイルを柔らかな光で照らします。
 板張りの天井はあえて低く張り、温かみと「こもり感」を演出。その分リビングの吹き抜けとリビング階段の抜け感が強調され、広々した印象になりました。


開放感たっぷりのリビング
 リビングのソファに座って視線を上げると、ちょうど正面の高い位置に設けた大きな窓とシーリングファンが目に入り、開放感たっぷり。階段横の小窓は、玄関横のモミジで半分ほど覆われており「年月と共に窓全体に広がっていく経過をゆっくりと味わいたい。秋の紅葉も楽しみです」


引き戸の開閉で来客スペースにも
 階段を上がるとすぐにあるのがファミリールーム。本を読んだり、ピアノを弾いたり、家族が思い思いに過ごしています。3枚の引き戸はコンパクトに収まる仕様なので、普段は開け放して広々と。閉じれば独立した空間になるため来客用の寝室としても使えます。


収納家具は置かないスタイル
 主寝室は何も置かず、あえてシンプルに。子ども部屋は、お嬢さんのリクエストでパステルブルーのアクセントクロスでかわいく仕上げました。それぞれの部屋に収納家具は置かないことに決め、衣類やバッグ類は全員分を大きめのウオークインクローゼットに収納しています。
 家づくりを振り返り「これから自分たちがどう暮らしていきたいかをあらためて考える、いい機会になりました」とH様。マンション生活では味わえなかった、緑を楽しみ、家族が程よい距離感で集う「自分たちにちょうどいい暮らし」を手に入れました。

【問い合わせ】住友林業
電話番号 082-224-3301
住友林業モデルハウスの見学予約はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧