【PR】中国新聞Biz

【マリモハウス】未来にわたって自分たちらしさ追求[アスタ展示場 オーナー様宅訪問]

2021/7/29

こだわりを最大限に実現
 年長、年少、1歳の男の子3人がいるF様一家。毎日にぎやかで笑い声が絶えません。グレーと白でまとめた外観がシックなお住まいのコンセプトは「できるだけ生活感をなくすこと」。数あるハウスメーカーの中で、間取りや取り入れたい設備など、F様ならではのこだわりを最大限に実現できたのがマリモハウスでした。


坪庭からの光が差し込む玄関
 玄関を入って一番に目に入るのが、アオダモの緑と、メダカが泳ぐ小さな池のある坪庭。靴は扉付きのシューズクローゼットに納められ、来訪者をスマートにお迎えできます。


オーダーメードのキッチン
 グレーが基調のアイランドキッチンは「キッチンハウス」でオーダーメード。同じデザインで背面カウンターとダイニングテーブルも注文し、統一感を持たせました。一戸建てへの住み替えを機に自走式掃除機やミーレの大型食洗機を導入し、家事が格段に楽になったそうです。


扉付き階段で空調の効きアップ
 壁掛けテレビを設置したリビングの壁はチャコールグレーの塗り壁を採用。テレビの右側にあるドアの向こうには2階へ続く階段が隠れています。扉を付けたことで空調の効きもアップしました。テレビ左側の扉は階段下収納で、テレビの配線や録画用のハードディスク、リビングで使う物などを収めています。


ホテルライクな水回り
 水回りの壁もグレーで統一。カウンター下には真っ白な玉砂利を敷き詰めて間接照明を設置し、ホテルライクな雰囲気を演出しました。ボウル横のコーナーは鏡を低めに取り付けスツールを置いており、ゆっくり座って髪を乾かしたり、奥さまがメークをしたりできます。
 洗面所横には屋外へ続く勝手口があり、お子さんたちが外遊びで汚して帰ってきた時にはここからシャワーへ直行。外出から帰った時も手洗いを済ませて部屋に入ることができ、感染症対策にも役立っています。


キッチンからテラス見守り
 約20平方bのテラスは、天井まである大きな窓で開放感を演出。掃除のしやすいタイル張りにしました。「子どもの友だちが遊びに来てくれて、毎日にぎやかです」と奥さま。キッチンで料理をしていても遊ぶ様子がよく見え、安心だそうです。
 子育て真っ最中のF様一家。現在は、広々したリビングを3兄弟が走り回ったり、坪庭でメダカを育てたり、家族が楽しく過ごせる空間となっています。そんな中、目に留まったのはキッチンの片隅の小さな空きスペース。「いつか子どもが巣立ったら、ここにワインセラーを置こうと思って」。現在も、そして未来も、自分らしく、自分たちらしく暮らせる「わが家」です。

【問い合わせ】マリモハウス
電話番号 0120-806-080
マリモハウスモデルハウスの見学予約はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧