趣味・食・遊ぶ

ケーブルテレビのページ

災害時緊急放送で協定 東広島市が2社と締結

2012/5/9

 東広島市は8日、災害時に防災情報を緊急放送するため、ケーブルテレビ会社の東広島ケーブルメディア、市などが出資する第三セクターのFM東広島の2社と協定を結んだ。

 豪雨や洪水、高潮、地震、津波などの際、2社は市の要請を受けて、緊急放送で注意や避難を呼び掛け、避難所や給水所などを案内する。

 深夜から未明にかけての放送時間外は、東広島ケーブルメディアはテロップで情報を流す。FM東広島は緊急放送をするか、市職員が電話回線で直接放送する。

 この日は市役所で締結式があり、蔵田義雄市長と東広島ケーブルメディアの石井泰行社長、FM東広島の岡田章社長が協定書を交わした。(境信重)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧